シミ

シミそばかすの薬はどれがいい?トラネキサム酸と組合せコレ!

投稿日:

そばかすのケアには、外的なケアと内的なケアの2通りの方法があります。
外的なケアとしては紫外線対策に併せて、ハイドロキノンなどの美白成分が配合されたクリームなどを塗り込むという方法が代表的とされています。
一方で内的なケアとしては、美白成分が配合された内服薬やサプリメントを使用するという方法がよく用いられます。

このページでは、特にそばかすの内的なケアとして人気の高い「トラネキサム酸」内服薬の特徴について詳しく見ていきたいと思います。

 

トラネキサム酸とは?

トラネキサム酸は、アミノ酸の一種です。
タンパク質を構成する働きをする必須アミノ酸のリシンという成分をベースにして人工的に合成されたのがトラネキサム酸です。
トラネキサム酸は、メラノサイト活性化因子と呼ばれるメラニンの生成を促す因子の働きを抑制する働きをします。

特にプラスミンと呼ばれるメラノサイト活性化因子の働きを阻害する「抗プラスミン作用」に優れている成分とも言われています。
プラスミンには血液を溶かす作用もあるため、トラネキサム酸はシミのケア以外にも止血剤としても使用される事が多くある成分でもあります。
さらに、炎症や腫れを抑える作用にも優れているため、アレルギーや炎症を和らげるための薬としても使用される事があります。

 

トラネキサム酸の副作用

トラネキサム酸は、基本的に副作用がほとんどない成分で、比較的安全に使用できる薬だとされています。
ただ、先に説明したように止血剤としても使用される事がある薬ですので、血栓症の人は使用を控えましょう。
また、現状で血栓症の兆候がない人でも家族や親族の中に血栓症の人がいる場合には、独断で使用せずに必ず医師の診断を受けた上で安全性を確認して使用するようにしましょう。

 

トラネキサム酸と組み合わせるとよい成分

トラネキサム酸は、単独でもそばかすなどのシミに効果が期待できるとされていますが、他の美白成分と組み合わせる事でより高い効果が期待できるともされています。
トラネキサム酸は、単独ではシミを薄くする効果だけなく美白作用もあるとされていて、シミだけでなくくすみにも効果が期待できるとされています。

そんなトラネキサム酸と組み合わせるとより良いとされている成分が、ビタミンCとL-システインです。
L-システインにもトラネキサム酸と同様に抗メラノサイト活性化因子作用があるとされています。

特にチロシナーゼというメラノサイトを抑制する働きがあるのがL-システインです。
トラネキサム酸とL-システインのダブル効果でそばかす対策により高い効果が期待できるとされています。
また、ビタミンCについてもメラニン生成を抑制する働きがあるとされていますのでトラネキサム酸と組み合わせる事でより高い効果が期待できるとされています。

まとめ

トラネキサム酸が配合されている内服薬で人気が高いのが「トランシーノ」です。
「トランシーノ 」には、トラネキサム酸だけでなく、先の説明したL-システインやビタミンCも配合されていて、そばかすや肝斑を薄くする効果が期待できるとされている内服薬です。
市販薬なので手軽に利用する事ができるという点も人気の理由となっています。

ちなみにトラネキサム酸は、内服薬以外に外用薬にも配合されている場合もありますので、内服するのに抵抗があるという人はまずは外用薬から使用してみるという方法もあります。
外用薬は市販のものもありますが、皮膚科などでも処方してもらう事ができますので、肌が弱い人で不安のある人はまずは皮膚科を受診してみる事をお薦めします。

-シミ

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.