シミ

シミに効く食材は?ビタミンで選ぶ内側からの対策!

投稿日:

シミは体のいたるところにできますね。
その多くが紫外線などの外的な要因、そしてホルモンバランスの乱れなどの内的な要因を原因としています。
シミができるとどうしても若々しさというのが失われてしまった印象になってしまいますね。

特に顔などの目立つ部分できてしまったシミというのは、顔の印象までも変えてしまう場合があります。
シミ対策をしていつまでも若々しくいるためにも丁寧なケアをして行きたいものですね。

最近では、シミに効くとされている美白化粧品やサプリメント、内服薬なども多くありますので、こうしたものを上手く活用してケアして行くというのも1つの方法です。
また、これと同時に体の内側からキレイを生み出すという意味で日頃の食生活でもシミに効果が期待できる食材を意識的に摂り入れるというのも良いでしょう。}

このページでは、シミ対策に効果が期待できるとされている食材について紹介してみたいと思いますので是非参考にしてみて下さい。

 

シミ対策に効果が期待できる成分

まずはシミ対策に効果が期待できる成分について紹介しておきましょう。

・ビタミンC
・ビタミンE
・ビタミんB2
・βカロテン
・セレン
・L-システイン
・亜鉛

これらの成分が主にシミ対策に効果が期待できるとされています。
肌というのは、毎日の食事で摂取するこうした栄養成分によって生み出されています。
そのため、意識的にこうした栄養成分を摂取する事でシミだけでなく肌本来の美しさを取り戻す事にもつながると考えられますね。

 

シミ対策に効果的な食材~ビタミン群

それではそれぞれの栄養成分がどのような食材に含まれているのかについてまずはビタミン類について見て行きましょう。

【ビタミンC】
ほうれん草、にんじん、かぼちちゃ、小松菜、トマト、パセリ、ピーマン、ブロッコリー、グレープフルーツ、レモン、イチゴ、柿、アセロラ、オレンジ、ライムなど

基本的に野菜は緑黄色野菜が中心ですね。
ビタミンCは例え過剰に摂取しても必要ない分は排出されてしまいますので、摂り過ぎるという事がありません。

そのため、意識的に多く摂取するようにすると良いでしょう。
また、ビタミンCを配合している化粧品などもありますが、浸透力という意味では肌の外側から付けるよりも内側に直接取り込んだ方が良いと考えられています。

 

【ビタミンE】
アーモンド、ごま、イワシ、シシャモ、ニジマス、ひまわり油、うなぎ、モロヘイヤ、かぼちゃなど

ビタミンEには抗酸化作用がありアンチエイジングにも効果が期待できるとされています。
ただし、自分も酸化してしまうという性質があるのでできればビタミンCと一緒に摂取した方が良いでしょう。

ビタミンCと違うのは過剰に摂取した場合、骨粗鬆症などを引き起こす可能性もあるという事です。
普通に食事で摂取するだけなら特別気にする必要はないかと思いますが、サプリメントなどで単独で摂取するような場合には摂取量に注意が必要です。

 

【ビタミンB2】
豚レバー、牛レバー、鶏レバー、いわし、うなぎ、塩鯖、ぶり、納豆、牛乳、卵など

ビタミンB2は熱に強いという性質があるので加熱調理しても失われる事が少ないという特長があります。
タンパク質をエネルギーに変換する働きをするため、皮膚の新陳代謝を活発にしてターンオーバーを正常化してくれます。
つまりたんぱく質と一緒に摂取する事でより働きを高める事ができるというわけですね。

 

シミ対策に効果的な食材~その他

ビタミン類以外でもシミ対策に効果を発揮する栄養成分はたくさんあります。

【βカロテン】
ニンジン、パセリ、ケール、赤じそ、ほうれん草、かぼちゃ、小松菜、春菊、にら、モロヘイヤなど

基本的には緑黄色野菜を中心とした食材に多く含まれているのがβカロテンです。
βカロテンは、体内でビタミンAに変換されるという働きがあります。
ビタミンAは、皮膚の粘膜を生み出すのをサポートする役割をする栄養成分で、肌の角質化を予防する効果も期待できるとされています。
またβカロテン自身も抗酸化作用によってメラニン色素の発生を抑制するのでシミの抑制に効果を発揮するとされています。

 

【セレン】
いわし、かれい、わかさぎ、うずらの卵、ひまわりの種、小麦胚芽、玄米など

セレンというのはあまり耳慣れない栄養成分かもしれませんね。
セレンはミネラル成分の1種で、体内では過酸化脂質を分解する働きをします。
抗酸化作用もあるので活性酸素を抑制する事でメラニンの生成を抑える働きもします。
またビタミンEの働きをサポートする役割も果たすので、できればビタミンEが多く含まれている食材と一緒に摂取するとシミ対策により効果的と考えられます。

 

【L-システイン】
牛肉、羊肉、牛乳、小麦胚芽、大豆、はちみつなど

L-システインとシミと聞くと化粧品などを思い浮かべる人の方が多いかもしれませんね。
でもL-システインは食品からも摂取する事ができます。
アミノ酸の1種で抗酸化作用に優れた栄養成分である事からメラニンの生成を抑制するだけでなく、すでにできてしまっているシミのケアにも効果が期待できるとされています。

 

【亜鉛】
牡蠣、かぼちゃの種、小麦粉、オートミール、ライ麦、赤身肉など

亜鉛はセレンと同じくミネラル成分の1種です。
亜鉛は体内で酵素に変換され様々な働きをするとても重要な成分でもあります。

亜鉛が体内に満ちていると皮膚の新陳代謝が活発化されて細胞の生まれ変わりがスムーズに運ぶようになります。
これによってすでにできてしまっているシミを薄くする効果にも期待がもてる成分だとされています。

 

まとめ

このように体の内側からシミ対策を考えている場合には、先に挙げたような食材を意識的に摂取する事が効果的だと考えられます。
また、ただ摂取すれば良いというわけではなく、食生活を含めた生活習慣そのものを見直す事で、より効果が期待できると考えられます。
できてしまったシミというのはなかなか簡単に消えるものではありません。

ただ、だからといって諦めるのではなく外的なケア、内的なケアを丁寧に行う事でこれ以上シミを広げない、少しでも薄くするという事は可能だと考えられます。
いつまでも若々しく健康な肌を保つためにも食生活も含めたケアを心がける事も大切ですね。

-シミ

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.