シミ

シミはレーザー治療で濃くなる?副作用とトラブルに注意!

投稿日:

シミ対策としてレーザー治療を検討しているという人も少なくないと思います。
特に顔にできたシミはメイクでは隠し切れない場合も多く、年齢を重ねるごとに増えたり、濃くなったりしてきて、それがコンプレックスになってしまうという事もあると思います。

レーザー治療はシミを消す事もできるケア方法の1つですが、レーザー治療には副作用もあるという事をよく理解しておく必要があります。}
シミが消える事を期待してレーザー治療を受けたのに逆にシミが濃くなってしまったというケースもあります。
費用と時間をかけて治療を受けたのに前よりもシミが目立つようになってしまっては意味がありませんね。

そこでこのページではレーザー治療によってシミが濃くなるケースについて少し詳しく見て行きたいと思います。

 

レーザー治療で起こる可能性がある副作用

シミを取るためのレーザー治療には色々な種類があります。
基本的にレーザーはメラニン色素にのみ反応するので他の皮膚に影響を与える事はないとされています。
ただ、場合によってはシミのある部分だけでなく、他の皮膚にもトラブルを招いてしまう事があるという事もよく理解しておきましょう。

レーザーは熱を帯びた施術を行うのですが、レーザーを照射する際に出力が高過ぎた場合、シミのある部分以外の皮膚に炎症や火傷を起こしてしまう事があります。
またレーザー治療は痛みを伴う事もあるという事も理解しておきましょう。
痛みの感じ方というのは人それぞれなので一概には言えませんが、例えるなら皮膚をゴムではじいたような痛みだと言われています。

副作用とは少し異なりますが、痛みに弱い人はこの点についてもよく考えてから治療を検討する必要があると考えられます。

 

レーザー治療によるトラブル~肝斑だった場合

レーザー治療を受けた後で元々あったシミが濃くなってしまったというケースについてですが、これには2つの原因が考えられます。

まず1つは、治療を受けたシミが「肝斑」だったケースです。
肝斑というのは、女性ホルモンの乱れが原因でできるシミの事で、頬のあたりを中心にもやっとしたシミが浮き出てくるのが特徴です。

肝斑の場合、体の内側に原因があるためレーザーを照射するとシミが濃くなってしまうという事が分かっています。
そのため、レーザー治療を希望して医療機関などを受診しても肝斑だった場合には治療を受ける事ができないケースもあります。

たとえ治療を断られたとしても肝斑である事を見極めてもらえただけでも幸運だと考えられます。
それくらい肝斑と他のシミを見極めるのは無ズかh氏意とされていて、肝斑と分からずにレーザーを照射してしまいシミが濃くなってしまったというケースは以外と多くあります。

 

レーザー治療によるトラブル~炎症性色素沈着の場合

もう1つの原因としては、「炎症性色素沈着」という症状がでてしまうケースです。
炎症性色素沈着は、シミの1種として考えられていますが、自然にできるケースとしてはニキビ跡や傷跡などが茶色く残ってしまい、シミになるというパターンです。
これは時間の経過とともに薄くなっていく事も多いのでさほど気にする必要はない場合が多く、ケアとしては美白成分配合の化粧品を使用するなどすると良いとされています。

ただし、レーザー治療によって炎症性色素沈着ができしてしまった場合は、皮膚の中のメラニンがレーザーの副作用によって増殖しているので色の濃いシミになって肌が黒ずんでしまうケースもあります。
レーザーの副作用以外にも治療を保護越した部分に過剰に紫外線を浴びたり、過剰な刺激を与えてしまった場合にこうした症状が起きるケースが多くあります。

こうなると美白成分を配合した化粧品や内服薬などを使用しながら新たな治療を施す必要がでてきます。

 

まとめ

このようにシミが消えるとされているレーザー治療でも、副作用なトラブルによってシミが以前よりも濃くなってしまうという事もあります。
レーザー治療を検討している場合には、安易に決断するのではなくよく事前に下調べをしたり、信頼のいける医療機関で事前によく治療について相談してから治療を受けるようにする事が大切です。
キレイになるための治療ですし、それなりの費用をかけて行うものですので、早くキレイになりたいという気持ちは分かりますが焦らずに本当にキレイになれる方法を選択するという冷静な判断が重要だと考えられます。

-シミ

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.