フケ

石鹸シャンプーでフケ対策?効果的な石鹸シャンプーの使い方!

投稿日:

最近注目され始めた石鹸シャンプー。
石鹸シャンプーは世間以外の添加剤を入れることが少なく、安全面や環境面を考えて選んでいる方が多いようです。
しかし石鹸シャンプーは使ったらごわごわに仕上がったり髪がキシキシになったり、石鹸カスがフケのように見えたりといろいろな意見があります。
では石鹸シャンプーを選ぶメリットとデメリットはどういうものがあるんでしょうか?

 

石鹸シャンプーってどういうもの?

石鹸シャンプーはその名の通り、石鹸ベースに作られたシャンプーのことを指します。
PH値は弱アルカリ性で、洗浄力が強いのが特徴です。
使い方や使用感も独特で洗い上がりはすっきりする感じを得られるのですが、時間が経つと逆にベタつきを感じたり
乾いた後も髪がごわついたりという方もいらっしゃいます。
しかし一方で、石鹸系の洗剤は皮脂よごれに対してとても効果的で、よごれをきちんと落とし、毛穴まですっきりと洗浄してくれます。
また、一般的な合成シャンプーはPH値も中性から弱酸性になっていてリンスもシリコン系の感触剤が配合されており、
仕上がり自体はサラサラで指通りも良くなります。
しかしその分余計な添加剤がてんこ盛りに入っているので敏感肌の方は注意が必要です。

 

フケと石鹸シャンプーの相性は?

石鹸シャンプーのPH値が弱アルカリであるということは殺菌効果も期待できるのでフケ症のかたには効果的だと考えられます。
しかし、すべてのタイプというよりは脂漏性のフケに悩まれているかたにおすすめでしょう。
脂漏性のフケの原因は皮脂の過剰分泌とその皮脂を餌に集まってくる雑菌なのですが、
石鹸シャンプーは皮脂に対して効力を発揮するので脂漏性フケと相性が良いと考えられます。
しかし逆に乾燥性のフケ症のかたが石鹸シャンプーで洗うとただでさえ少ない皮脂膜を洗い取ってしまうのでフケ症を助長してしまう恐れがあります。
何事も適材適所なのですね。

 

石鹸シャンプーの使い方は?

基本的には通常のシャンプーと同じような使用法なのですが、石鹸シャンプーを使うときに必ず意識しないといけないのは頭皮を洗うということ。
まずしっかりた手のひらで泡立て、頭皮に優しく揉み込みます。
頭皮全体を指の腹でマッサージするように洗うのですがこのときにいつものようにゴシゴシ洗ってしまうことはNG。
ただでさえ絡みやすい状態なのにさらに絡まりを助長してしまいます。
頭皮を洗えたら荒歯の櫛で優しく解いてからシャワーで流します。
このときもゴシゴシ流すのではなく、根元から毛先の方向性を整えるように流します。
そしてこの後のリンスも専用のリンスを使いましょう。
通常通りのリンスは合成シャンプーによってPHコントロールされた髪にイオンの力で吸着する仕組みなのですが、
石鹸シャンプーは弱アルカリな為、通常のリンスとイオン吸着ができません。
石鹸シャンプーを使用するときは必ずセットで使いましょう。

魔法のようなシャンプーはない!?自分が納得できるシャンプー選びを。

石鹸シャンプーにももちろんメリットとデメリットがあり、石鹸シャンプーに限らずすべてのシャンプーにメリットデメリットがあります。
そこをしっかり理解し、シャンプーは流行りで選ばず、自分の頭皮状態にあったシャンプー剤を使うように心がけましょう。

-フケ

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.