マタニティケア(妊娠線)のクリームランキング【オーガニック編】

shutterstock_198414131

マタニティケアの中で妊娠線を予防するためには妊娠線クリームを使うのが一般的です。しかし妊娠中は体質が変わる方も多く、普段より肌が敏感になる方が多くいます。ですからマタニティケアのクリームは肌にやさしいオーガニックのものを選びたいですね。そんな肌に優しいオーガニッククリームはどんなものが人気になっているのでしょうか。

スポンサーリンク

1位 オーガニックマドンナ ボディセラムスーペリア

全成分を公開しているほど自信をもっているのがこのオーガニックマドンナのボディセラムスーペリアです。成分の95%がオーガニックに認証された植物原料を使っており、デリケートな妊娠中でも安心して使えるようになっています。ただ肌にやさしい成分というだけでなく、マタニティケアとしておなかまわりだけでなく全身に塗ることができ、フェイスクリームとしても使えるのはうれしいところではないでしょうか。妊娠2カ月から使え、出産後もベビーの肌の乾燥を防ぐために使うこともできるのはやはりオーガニック成分がほとんどを占めているからでもあります。
使い方は簡単で、普段のボディクリームのようにお風呂上りや外出時といった乾燥を防ぎたいときにさっと塗るだけでマタニティケアができます。クリームの使い心地はべたっとせず、伸びが良いのが特徴でストレスなく使うことができるようになっています。クリームはほのかにオーガニックレモンマートの香りがついていて、妊娠中香りに敏感になっていてもさわやかに使うことができるのも特徴です。

2位 ベルタ マザークリーム

マタニティケアクリームとして数多くの方から満足したと評判のクリームがこのベルタ マザークリームです。
オーガニック原料が5種類入っていて肌に優しいだけでなく、しっかりとマタニティケアをしてれるのが特徴です。
マタニティケアにオーガニックのものはたくさんありますが、やはり肌に優しい分マタニティケアにはやや物足りないというものがありますが、このベルタマザークリームはシラノール誘導体が配合されていて肌の奥までしっかり効き目があるのです。
マタニティケアはつわりの時期から始める必要がありますが、そのつわりで匂いに敏感な時期でも使えるように、優しい柑橘系の香りになっています。オーガニックなのとマタニティケアに自信があるので、マタニティ雑誌などでも取り上げられているので見たことがある方も多いのではないでしょうか。それだけ有名なのはやはりオーガニックが原料で安心なのとマタニティケアに効果があるからではないでしょうか。

スポンサーリンク

3位 エルバオーガニクス ストレッチマーククリーム

エルバオーガニクスのSTMクリームはUSDA認証を受けてます。このUSDAというのはアメリカでは農務省のことで、このUSADAの認証を得るためには細かな厳しい規定が設けられいて、その規定に沿ったものしかオーガニックの認証を得ることができないのです。例えば収穫する3年前から農薬などを使っていない土地であることといったようなとても厳しい基準になっています。そうした基準をパスしたのがこのオーガニッククリームなので、口に入れても問題がないというほどです。
伸びが良くべたつきもあまりないので、使った後は肌がしっとりするのにべたべたしないので就寝前や出かける前でも夏の暑い時期でも使いやすいのがうれしいところです。
海外製なので少し香りが若干強めと感じる方もいるようですが、妊娠中でも問題ないラベンダーやオレンジ、ローズマリーといった精油が入っていて塗った後もさわやかな香りになっています。
毎日のマタニティケアとして広い範囲に塗れるようにラージサイズがあるのもうれしいですね。

まとめ

マタニティケアは肌が敏感になっているので、できるだけ優しい成分のものを使いたいものです。敏感肌でも使えるオーガニックマタニティケアクリームを選び、毎日の保湿ケアをして妊娠線ができないようにしたいですね。

アドセンス
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加