歯ぎしり

歯ぎしりを治したい!一般的な治療!保険適用のマウスピース!

投稿日:

歯ぎしりを治したいという人は多いと思います。

歯ぎしりを長年続けていると、不眠の原因になったり、顎が痛んだり、顎関節症になったり、と様々な弊害が出てきます。

繰り返される不快な歯ぎしり。歯ぎしりの治療法にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

歯ぎしりを治したい!もっとも一般的な治療法とは!?

現時点で、歯ぎしりに対する治療の中で最も広く行われている一般的な治療法は、マウスピース(スプリントとも呼ばれます)を用いた治療です。

歯ぎしりが最も強く現れる眠っている間に装着することが多いです。この場合「スリープスプリント」や「ナイトガード」とも呼ばれます。

薬局や雑貨店などに、既製品のマウスピースが売ってあることもありますが、そういうものでなく、歯科医院で作ってもらったものを使うのがお勧めです。

 

歯科で扱われるマウスピースは、一人一人の歯型を取って、個人のかみ合わせや歯並びに合わせてオーダーメイドで作るので、効果が出やすく、安全性も高いです。保険適応も可能で、5000円前後で出来ます。

マウスピースは、歯ぎしりそのものをストップ出来るのではなく、付随して起こる様々な症状を緩和したり防止したりすることが目的です。

 

歯ぎしりに付随して起こる筋肉や顎関節、歯の症状は、硬い歯と歯が直接接し、力強く噛みしめることによる負担過重から生じます。

上下の歯と歯の間にマウスピースを介することによって、噛みしめの力を分散し、力が入りにくくなり、クッションのような働きをします。歯ぎしり自体が完全に止まるわけではありませんが改善はします。

 

歯ぎしりが長期化している場合は、顎関節症の症状が出ていることも多いので、その場合はそちらに対する治療も併せて行われます。

歯ぎしりを治す:その他の治療方法

歯ぎしりの原因で最も可能性が高いと言われているのがストレスです。

歯ぎしりがストレスによるものと判断された場合は精神科または心療内科を受診し、薬物療法を行うことになります。

使われる薬としては、抗精神病薬や抗うつ薬のほか、漢方薬などもありますが、抗精神病薬や抗不安薬の中には、副作用で歯ぎしりが悪化するものもあるので注意が必要です。

受診時、必ず医師にストレスだけではなく歯ぎしりのことを伝えましょう。

その他にも、歯ぎしりの原因として最近言われているのが逆流性食道炎です。

逆流性食道炎の治療を行った人が、歯ぎしりまで改善したという場合があるようです。治療には食事療法や胃酸をの分泌を抑える薬、胃酸を中和する薬を使った薬物療法などがあります。

また、美容外科で行われる、エラにボトックスを注入して顔を小さくする治療も歯ぎしりに聞くという説があります。

この治療は咬筋にボトックスを注射して萎縮させエラを小さくします。咬筋は歯ぎしりに大きくかかわっており、ボトックス注射で咬筋の緊張が緩和して歯ぎしりが改善することがあります。

今のところ、美容を目的とした使用が殆どで、歯ぎしりを改善するために行うということは少ないようです。

おわりに

ひどく傷んだり口が開かなくなったり、歯が折れたりと、重い症状が出るまで歯ぎしりを自分がしているということにさえ気づいていない人も大勢いる中で、「歯ぎしりを治したい!」と思えたあなたはラッキーなのかもしれません。

ぜひ早めに歯ぎしりに対して手を打ちましょう。

 

-歯ぎしり

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.