水疱瘡

兄弟でほぼ同時で水疱瘡!兄はアトピー肌での水疱瘡

投稿日:

Y.S。女性。33歳。専業主婦です。

 

水疱瘡にかかったきっかけ

次男が水疱瘡にかかったのは、1歳5カ月のとき、長男はもうすぐ5歳と言う時でした。

始めに次男の皮膚に水泡を発見したことでわかりました。その水泡も始めは蚊に刺されて掻いてしったがために出来た物かと思っていました。特に次男は虫刺されで化膿するタイプなので、全く水疱瘡を疑うことはありませんでした。

始めに見つけた脛の水泡からは随分遠い額や背中にも、ポツポツと3,4mm程度の水膨れを発見したので不思議に思い、育児では私よりも先輩の義妹に聞いてみると、水疱瘡だと思うので病院へ行くように勧められました。

スポンサーリンク

病院での診察結果

病院の診断は水疱瘡。長男もついでに診てもらうと、まだ発症はしていませんでした。

医者からは

「お兄ちゃんはもう5歳でアレルギーやアトピーもある。それに弟が発症しているので、ウイルスに長い時間接しているので酷くなると思う。」

と言われました。

 

次男はその後、順調に経過し痒がる気配もありませんでした。

長男は、次男の瘡蓋が取れる頃に赤い発疹から始まりました。どれくらい酷くなるか心配していたので、発症するまでに栄養のあるお野菜などを中心に免疫力を高めるようにしてみました。

 

水疱瘡の推移

発症してみると、不機嫌になりましたが熱はあまり高くなりませんでした。すぐに病院に行きましたが飲み薬は無く、クリームだけをもらいました。

機嫌は悪いもののほとんど痒がらなかったので、クリームもつけずに静かに見守りました。真夏で冷房をつけていましたが「暑い、暑い」とばかり言って怒っているだけです。

 

私はいつ湿疹が大爆発して、どれくらい長男が苦しむのか怖い中じっと見守ることしかできませんでした。

一番不機嫌だったのが3日目と4日目で、水泡があるということが気に入らないで「これが嫌だ、これを取ってちょうだい。」と何度も訴えてきました。

酷くなることを覚悟していたのですが、5日目には瘡蓋もだんだん増えてきて結局は軽く終えることができました。

スポンサーリンク

子供に付きっきり

私は専業主婦ですから、子供の様子をいつも見ていることができます。ちょうど夏休みだったこともあり、気持ち的には余裕がありました。

ただ、アパートの上の階に1歳半のお子さんがいたので、すぐに水疱瘡にかかったことを伝えておきました。そのお子さんはその日に予防接種を受けたらしく問題ないと言ってくれました。

二人の子がほぼ同時期にかかっているので、その月の半分以上はずっと看病でした。水疱瘡が治った後に思ったのは、潰してしまった痕がどれくらい残るのか、特に顔が一番気になりました。

 

次男は7歳の今でも痕が数個残っています。痒く無かったのに、潰していたようです。長男はほとんど痕はありません。

アトピーもその後随分よくなりましたので、小さいうちにかかってしまって良かったと思いました。医者が5歳だと酷くなると言ったので心配していましたが、個人差がかなりあるのではないかと思います。

 

今後の心配

一度かかると今度は帯状疱疹が心配になるかと思いますが、我が家の場合には今のところ免疫力を高めるように、生活のリズムや食生活を整えているのであまり気になりません。

他の感染症にかかるときに、私がそばにいてあげられるのかが今も不安ではありますが、元気な時から子供の様子を良く観察しておこうと思っています。

-水疱瘡

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.