水疱瘡

大人になってからの水疱瘡は高熱とかゆみでとても辛い経験!

投稿日:

イニシャルM.A、年齢は35歳、性別は女性、職業は専業主婦です。

 

水疱瘡に気付いたきっかけ

水疱瘡に気付いたきっかけは、ある日お風呂で身体を洗っているときにポツポツした赤い出来物が出来ていました。

何だか身体がだるくて仕方ない気がしていましたが、普段から疲れやすい体質なのでそれほど気にしていませんでした。

スポンサーリンク

高熱とかゆみで辛い

本格的に症状が出たのは発熱でした。水疱瘡はあまり高熱が出ないと言われていますが、渡しの場合は結構高熱が続きました。さらに発疹が全身に広がってきてかゆくて痛かったです。

特に高熱が出てきてずっと寝ていなくてはいけないのに、(起き上がれる状態ではありませんでした)背中の発疹が大きくて痛くて暑いし辛かったです。

 

お腹の発疹に気が付いてからは、次に日に発熱が始まり頭が痛くて熱がかなり上がり夜も辛くてなかなか眠れず結局発熱は4日以上続きました。

特に背中にたくさんの水ぶくれが出来てしまいました。最初は赤くて最後は茶色くなるのですが1年以上たってもまだうっすら残っています。

 

水疱瘡の治療

疱瘡の治療法ですが、まず掛かりつけの医者にかかりました。

私の場合は感染経路がはっきりしていたので水疱瘡だと分かっていましたが(親戚の法事で親戚の子供が水疱瘡が治ったばかりと言っていたのですが、それからぴったり潜伏期間と言われる2週間後の発症でした)、先生が身体の発疹を見て水疱瘡だねとあっさり診断されました。

大人は重症化することもあるので、

  • 何か頭痛が酷くなったり
  • おう吐が止まらない

など異常な感じになったら、夜間でも病院を受診するように言われて塗り薬と飲み薬を処方されました。

 

  • お風呂は治るまで禁止
  • 飲食などは普通に食べれるもの
  • 外出も必要な場合だけ

と言われましたが、身体が辛すぎて布団から動けずおかゆなどしか食べる事が出来ませんでした。病院でもあらかじめ電話で水疱瘡の疑いと話しておいたので受付の時点で隔離室に案内されました。

スポンサーリンク

水疱瘡の治療経過

毎日水疱瘡の身体に家族に薬を塗ってもらいました。子供と違って範囲が広いので塗る方も大変そうでした。子供がいたので移らないというのは不可能と感じて(とっくに感染期間に入っているため)普通に生活していました。

というか、自分では子供の面倒が見れない状態だったので夫が大変でしたがたまたまゴールデンウイークの辺りで会社がお休みだったので不幸中の幸いでした。全部面倒を見てもらいました。

 

水疱瘡が治ったというか熱が下がって初めてちゃんと眠れた時が一番うれしかったです。4日位まともに食事もとれなかったので激ヤセしました。でも、健康のありがたみを感じました。入院しなくてよかったとも思いました。

 

まとめ

水疱瘡は一度かかるとかからないと言われているのでさすがにもう大丈夫だと思うので今後の不安はありません。

その時長男に2週間後に感染したのですがこちらは軽く済み済んだことで安心しています。

しかし、その後産まれた子供はまだかかっていないので出来れば子供のうちに掛かると良いかもという思いはあります。

-水疱瘡

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.