水疱瘡

同じウイルスが原因?水疱瘡と帯状疱疹の関係とは?

投稿日:

皮膚に疱疹ができ、その感染力の強さから登園や出勤を禁止される水疱瘡。

同じような症状の病気で帯状疱疹というものがあります。帯状疱疹は感染力こそないものの疱疹ができ、続いて水膨れになり、最後はカサブタになるという風に水疱瘡とよく似た経過をたどります。

それもそのはず。実は水疱瘡と帯状疱疹は同じウイルスが原因となっているのです。

では、水疱瘡と帯状疱疹は同じウイルスが原因なのに何故病名も症状も違うのでしょうか?

スポンサーリンク

水疱瘡と帯状疱疹は何のウイルスが原因なのか

水疱瘡と帯状疱疹はどちらも「水痘・帯状疱疹ウイルス」が原因で起こる病気です。

どういった違いがあると思いますか?

子供がなるのが水疱瘡で、大人がなるのが帯状疱疹?

確かに水疱瘡は10歳までにはおよそ90%の人が感染する病気と言われているので
そういう認識を持っている人もいるでしょう。

しかし、子供の頃に水疱瘡にかからなかった人が初めて「水痘・帯状疱疹ウイルス」に感染した時に発症するのは「帯状疱疹」ではなく「水疱瘡」です。

ここでもう気づいてしまった方もいるかと思いますが、水痘・帯状疱疹ウイルスに「初めて」感染した場合に発症するのが「水疱瘡」ということですね。

では、もう少し詳しく見ていきましょう。

水疱瘡は一週間程度で治りますが、水痘・帯状疱疹ウイルスが死滅する訳ではなく、神経節に留まり休眠状態になります。

免疫力が低下したりすると、休眠状態になっていた水痘・帯状疱疹ウイルスが再び活性化して増殖し、やがて皮膚に症状として出るのが帯状疱疹です。

つまり、水痘・帯状疱疹ウイルスによる疾患が二回目以降になると、帯状疱疹を発症するということになるのです。

 

水疱瘡と帯状疱疹の見分け方

良く似た症状である水疱瘡と帯状疱疹。

違いを見分ける方法は「疱疹ができる位置」にあります。水疱瘡は体の至る所に疱疹ができますが、帯状疱疹では体の神経に沿って帯状に疱疹ができます。

これは、水疱瘡が治った後の水痘・帯状疱疹ウイルスが神経節に留まるので疱疹が出るのも神経に沿って現れるということですね。

その他にも帯状疱疹は、体の右側あるいは左側のどちらかに現れます。

スポンサーリンク

目と耳の周りに疱疹ができたら要注意!

水疱瘡も帯状疱疹も基本的には何も治療をしなくても治る病気ではあります。

しかし、疱疹ができる位置によっては重症化する可能性が高い位置もありますので、注意が必要です。もし、疱疹が顔面に出た場合は注意が必要です。

目の周りに疱疹が出た時は視力障害。

耳の周りに疱疹が出た時は聴力障害。

その他、小脳炎、麻痺等が合併症として出る場合があります。

また、帯状疱疹を放置しておくことで水痘・帯状疱疹ウイルスが増殖しすぎると神経を傷つける為に疱疹が消えた後にも「帯状疱疹後神経痛」の後遺症に悩まされる場合もありますので、自然に治る病気だと言っても病院へ行くべきです。

 

おわりに

水疱瘡も帯状疱疹も同じ「水痘・帯状疱疹ウイルス」が原因で起こる病気ですが、初感染かどうかによってどちらの病気が発症するかが決まるということが分かりました。

大人であっても水痘・帯状疱疹ウイルスに初めて感染した場合は水疱瘡となり、子供の水疱瘡よりも重症化しやすいリスクが高まる傾向にあります。また、水疱瘡は周囲への感染力が非常に強いですので特に注意が必要です。

帯状疱疹の場合も感染力はないものの合併症のリスクがあります。基本的に一週間程度で症状のほとんどが治まるので放置されることも多い病気ですが、やはり、病院へ行って早期に治療を開始するべきだと言えるでしょう。

水疱瘡も帯状疱疹も、同じ水痘・帯状疱疹ウイルスが原因の病気ですので、水疱瘡の予防接種で予防が可能です。万が一症状が出てしまった場合でも症状を軽減できるので、心配な方は予防接種を受けておくのも良いですね。

-水疱瘡

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.