シミ

シミを薄くする美容液はハイドロキノン?副作用の白斑に注意!

投稿日:

シミはできてしまってからケアするとなるとかなり大変です。
多くの女性がシミができてしまってから慌てて美白成分が配合された化粧水や美容液などを購入してケアを始めているのではないでしょうか?

シミには、色々な種類があって種類によってケアの方法も異なりますが、特にすでにできてしまったシミを薄くするために美容液を使用する際には配合されている成分に着目してアイテムを選ぶ必要があります。
市販の製品でよく見かけるのは「美白成分配合美容液」だと思いますが、この「美白成分」にも色々あって、これについてよく理解してアイテムを選ばないといくら美容液を使用してもシミが薄くならないという事も起こり得ます。

そこでこのページでは、すでにできてしまったシミを薄くしたい場合に選びたい美白美容液の特徴について見て行きたいと思います。

 

できているシミケアには「ハイドロキノン」

すでにできてしまっているシミを薄くするのに有効な美白成分の代表は「ハイドロキノン」という成分です。
市販の美容液でよく見られるのはビタミンC配合というものだと思います。

ビタミンC自体は確かに美白成分ではありますが、すでにできてしまっているシミに対して外側からビタミンCを補うだけではなかなか効果が期待できないとも言われています。
ビタミンCは水溶性の栄養素なので外側から補うだけではなかなか肌に浸透しにくいという特徴があります。
そのため食品などで体内にも取り込んでいく事が有効的だと考えられます。

外的なケアで有効的な美白成分としては「ハイドロキノン」という成分が挙げられます。
ハイドロキノンは、「美白剤」「漂白剤」などと呼ばれる事もある美白成分です。

 

ハイドロキノンの特徴

漂白剤と呼ばれるほど効果が期待できる成分でもあるハイドロキノンですが、この成分はまだ厚生労働省の許可を得ていない成分でもあります。
美白成分の中で厚生労働省の認可を得ているのは、アルブチンやプラセンタ、ビタミンCなどです。

なお、許可を得てない成分でも使用する事は可能です。
特にハイドロキノンは効果に期待が持てる成分として注目されている事もあり、2002年までは医療機関のみでの取り扱いだったのが、近年になってからは市販の美容液などにも配合されるようになってきています。

このようにハイドロキノンは、すでにできてしまったシミを漂白するように薄くする効果が期待できる成分ですが、それだけ効果が高いという事は副作用にも注意が必要となります。
ハイドロキノンを使用した場合に出る可能性がある副作用には以下のようなものが挙げられます。

・アレルギー反応
・白斑(はくはん)
・炎症、かぶれなどの肌トラブル

 

ハイドロキノン使用の注意点

ハイドロキノンの副作用の中でも特に注意したいのが「白斑」と呼ばれる症状です。
白斑は、ハイドロキノンの効果によって肌の一部分が真っ白になるという特徴があります。
まさに肌を漂白したような状態になるという事です。

特にハイドロキノンを過剰に塗布してしまった場合などに起こりやすい副作用で、一度できてしまうとなかなか元には戻らないので注意が必要です。

また、炎症やかぶれ、アレルギー反応についても肌質や体質などによっては強く反応がでてしまう人もいます。
特にアトピー性皮膚炎などの症状がある人がハイドロキノンを使用する場合には注意が必要です。

 

まとめ

このようにすでにできてしまってシミを薄くするには美白成分の中でも特に「ハイドロキノン」を配合した美容液などを使用する事が有効的とされています。
ただし、ハイドロキノンは強い成分でもあるので、使用量、使用方法などによく注意しておかなかれば副作用が起こる可能性が高いと考えられます。

特に肌が弱い人の場合は、市販の製品を利用するよりも病院などで処方してもらって使用量などをきちんと守って使用する方が安心だと考えられます。

-シミ

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.