歯ぎしり

歯ぎしりのせいで歯が痛い!歯の痛みの原因を4つに分類!

投稿日:

歯ぎしりをしている人の中には、歯自体の痛みが気になっている人もいるでしょう。

歯ぎしりをすることによって歯が痛くなってしまうことがあるのです。

歯ぎしりによって引き起こされる歯の痛みには、どういったものがあるのでしょう?

歯ぎしりが原因の歯の痛み

歯ぎしりが原因で生じる歯の痛みには次のようなものがあります。
1.歯自体の痛み
(1)歯のしみ
(2)歯が割れることによる痛み
2.歯の周りの組織の痛み
(1)歯根膜の痛み
(2)歯茎の痛み
一つずつ説明していきます。

1.歯自体の痛み

歯ぎしりが原因で歯自体が痛む場合があります。その痛みも、(1)歯がかけてしみる場合と、(2)歯ぎしりで歯が完全に割れて痛む場合があります。

(1)歯がかけてしみる場合

通常、歯の表面はとても硬いエナメル質という物質によりコーティングされることで外界の刺激から守られています。

この硬いバリアのおかげで硬い物を噛み砕くことが可能になり、また外界の刺激が直に歯に伝わらずに済んでいます。

しかし、歯ぎしりの強い力が継続的にかかることにより、このエナメル質が欠けてしまったり、擦り減ってしまったりすることにより、温度変化などの刺激が直接歯の神経に伝わると、「歯が痛い」となったりしみたりします。

いわゆる「知覚過敏」の状態になります。

(2)歯が割れることにより起こる歯自体の痛み

強い力で歯ぎしりをし続けているにもかかわらずそのまま放置しつづけると、最終的には歯が完全に縦に割れてしまうこともあります。

歯ぎしりの強い力によりひびが入り、そこから徐々にひびが広がっていき最終的に割れるというパターンが多いです。

これはすでに治療により神経を取ってしまっている歯で起こりやすいです。

神経を取ってしまっている歯は、神経と共に歯の中を走る血管もとってしまうので、歯に栄養が行かなくなるため、神経を取った歯は枯れ木のようなスカスカな状態になっており、神経の残っている歯と比べてもろいためです。

神経がない歯で起こった場合、ひびが入っていたり、欠けていても痛みが出ないことが多いので、バリッと大きく割れて初めて歯の痛みに気付くという場合も多いです。

2.歯の周りの組織の痛み

歯自体ではなく歯茎や膜が痛むことがあります。

(1)歯根膜の痛み

歯根膜とは歯の根を包む膜で、歯と歯を支える骨との間にあり、噛んだもののに硬さを判断しています。

歯ぎしりで強い力がかかると炎症を起こし、噛んだ時に「歯が痛い」と感じることがあります。

(2)歯周病による歯茎の痛み

歯周病とは、歯ぐきの炎症により歯を支える骨が溶けてしまう病気です。

歯ぎしりは、歯周病の進行を早めます。歯ぎしりの大きな力で、歯を支える骨が壊されてしまうのです。

歯周病は痛みが出にくい病気ですが、抵抗力が落ちている時などは歯がひどく腫れて痛むことがあります。

放置していると、支えている骨が痩せることで歯がぐらぐら揺れるようになり、さらに進行すると歯が抜けてしまう事さえあります。

おわりに

歯周病による歯の痛みには様々な原因があります。めは小さな症状であったとしても、歯ぎしりは毎日毎日の積み重ねです。

知らぬ間に悪化してしまった、なんてことにならないよう、少しでも「歯が痛い!」と思ったら、歯科医院に相談に行ってみましょう。

 

-歯ぎしり

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.