歯ぎしり

幼児の歯ぎしりの3つの原因!あなたの子供は大丈夫?

投稿日:

ある日、すやすやと寝ていると思っていた子どもの口から「ギリギリ・・・」なんてびっくりするような音が!

親としては心配になってしまいますよね。これはもしかして、歯ぎしり?
幼児も歯ぎしりをするのでしょうか。こんなとき、どう対処したらいいのでしょうか。

幼児の歯ぎしりの原因

幼児も歯ぎしりをすることがあり、それほど珍しいものではありません。

乳児の歯ぎしりの場合は、顎の安定する位置や歯の生える場所を決めるためであったり、歯を使う練習をしたりするためのもので、特に心配する必要はなく、成長の一過程ととらえて問題ありませんでした。

幼児の歯ぎしりの理由として考えられるものには3つあります。

  1. 歯の生える位置を決めるために行う場合
  2. 生えたての歯を気になりついやってしまう場合
  3. 精神的なものが原因の場合

ひとつずつ見ていきましょう。

歯の生える位置を決めるために歯ぎしりをする場合

生後約半年を過ぎた頃に生まれて初めて歯が生えてきます。

歯が生えたばかりの赤ちゃんもこれが理由で歯ぎしりをし始めることがあります。その後、続々と歯が生えてきて、乳歯がすべて生えそろうのはだいたい3歳頃です。

すべての乳歯が生えそろった後でも、歯と歯の間には隙間が空いており、いわゆる「すきっ歯」のような状態になっていることが普通です。

このスペースが存在することによって永久歯への交換がスムーズにできるのです。

この時期は物を噛んで顎を動かすことによってかみ合わせの微妙な調整がなされています。歯ぎしりもこの微調整に寄与していると考えられています。

つまり、成長のステップとして行われている歯ぎしりと言えます。

生えたての歯を気にして歯ぎしりをする場合

歯ぐきを突き破って歯が生えてくるときの違和感や、かみ合わせが不安定なことが気になって、つい意識的に歯ぎしりをしてしまうことがあるようです。

これは特に永久歯が生えてくる、6歳ごろの時期によく見られます。

一時的なものである場合が多いですが、あまり続くようであれば歯科にみてもらいましょう。
またこの場合は癖になってしまい、分かっていて意図的に歯ぎしりをしていることもあるので、あまり頻繁にやっているようであれば声をかけて気をそらすなどして対処してください。

幼児期には指をしゃぶったり、下唇を噛んだり、舌を出すなど、癖が出てきやすく、生えかわりの時期以降も続いてしまうと歯並びに影響を与え、将来的に矯正が必要になってしまうことも多いです。

ストレスによる歯ぎしり

幼児の場合大人と違ってストレスが原因の歯ぎしりは少ないとされています。

しかし幼稚園や保育園での人間関係や家庭環境の問題など、何かしらストレスを抱えることで歯ぎしりをする幼児もいますが、上記の2つの歯ぎしりとの判別は困難です。

おわりに

ストレスによる歯ぎしりの場合は、幼児の心の成長にも影響を及ぼす可能性があるため、ストレスの根本となる原因を取り除く必要がありますがそれ以外の歯ぎしりは過度に心配する必要はないことが多いです。

幼児は骨や筋肉もやわらかく、歯ぎしりによって大人のように顎関節に異常が出たり歯の痛みが出たりすることはないことがほとんどです。

しかし、なにか症状がある場合や、永久歯に生え変わってからも続くようであれば歯科に連れて行くことをおすすめします。

-歯ぎしり

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.