春の行事

母の日に贈るカーネーションのルーツはキリストとマリア!

更新日:

バラの花束

毎年5月の第2日曜日は、「母の日」です。

母の日のプレゼントで定番なのはカーネーションですね。

でも、なぜ母の日にはカーネーションを贈るようになったでしょう?

母の日にカーネーションを贈るようになったのは、アメリカのとある一人の女性がきっかけとなっています。

そしてカーネーションの花言葉は花の色によって色々あるのですが、代表的な赤色の花の花言葉は「母の愛」です。

カーネーションは、花言葉からして母の日の為にあるような花ですね。

更に「母の愛」という花言葉のルーツを探っていくと、なんとイエスキリストとマリアに行きつきます。

意外に知らない、母の日にカーネーションを贈る訳、それは母の日にまつわる歴史を紐解いていくと色々と分かってきますよ。

 

母の日の始まり

現在、母の日は日本だけでなく世界各地で行われている習慣で、日本では5月第2日曜日と決められています。

国によって、カーネーションではなく品物を贈ったり、感謝の言葉を述べるのみ等の違いはありますが、一様に「お母さんに感謝の気持ちを伝える日」ということで共通しています。

世界中にこれだけ浸透した母の日は、どこから発祥したのでしょうか。

母の日の始まりには諸説あり、古代ローマ時代の春の収穫祭が起源となっているという説もあります。

現在のような形の母の日の発祥は、アメリカだと言われています。

アメリカのとある地域に住む、アンナという女性が亡くなった母を追悼するために花を教会に持参し、出席者に配ったのが母の日の始まりです。

アンナの母を思う行為が多くの人の心を動かし、1914年に当時のアメリカ大統領が「母の日」を制定しました。

アンナが亡き母の為に協会に持参した花と言うのが「白いカーネーション」でした。

この故事から、白いカーネーションの花言葉は「亡き母を偲ぶ」となり、現在でも母の日にお母さんのお墓用に白のカーネーションを持っていく人は少なくありません。

キリストとマリアと、カーネーション

さて、なぜアンナは母を追悼する花にカーネーションを選んだのでしょうか?

それを知る為には、更に歴史を、イエス・キリストと聖母マリアの時代まで遡る必要があります。

十字架にかけられたキリスト、それを見てマリアが流した涙の跡に咲いた花がカーネーションだと言われています。

白のカーネーションは十字架にかけられる前のキリストとマリアを

赤いカーネーションは十字架にかけられた後のキリストとマリア、または復活したキリストを象徴しています。

これらの言い伝えから、カーネーションは「母と子の繋がり」を意味する花とされました。

また、絵画を見てみると、ルネサンス期の画家ラファエロが「カーネーションの聖母」という絵を書いています。

幼いキリストとそれをあやすマリアの手にはカーネーションが握られています。

カーネーションが母と子にとって特別な花だということをラファエロも知っていたのですね。

でも、この絵を良く見てみると、キリストとマリアが握っているカーネーションの色は「赤」です。

後に彼らが辿る運命を象徴しているのだとしたら、何とも言えない気持ちになります。

アンナが母にカーネーションを贈った理由、それはカーネーションがキリストとマリア、つまり「親と子」を繋ぐ絆の証である花だったからなのですね。

まとめ

母の日にカーネーションを贈る理由には

  • 母の日の始まりである、アンナが亡き母を追悼するためにカーネーションを使った
  • カーネーションにはキリストとマリアの言い伝えにならって「親と子の絆」という意味がある

と2つの出来事が大きく関係しています。

母の日の始まりは、アンナのように母との別れであったり、キリストと引き離されたマリアの悲しみと、悲劇的なものでしたが、現在の「母の日」はとても楽しいイベントとなりました。

「母の日」「父の日」「敬老の日」と、誰かに感謝をする日という習慣はこれからも大切にしていきたいですね。

-春の行事

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.