片頭痛

片頭痛にはカフェインは良い理由!上手なカフェインの取り方とは?

更新日:

片頭痛を常に起こしてしまう人は、頭痛薬を常用してしまいますが、これでは薬物による頭痛を慢性化してしまいます。

片頭痛にはカフェインが効果的と聞きますが、本当に効くのかどれくらい効果があるのかは体質にもよるようです。どのようなタイミングでカフェインを摂取すれば良いのか、カフェインならなんでも良いかなど簡単に解説していきます。

 

カフェインが片頭痛に良いとされる理由

片頭痛の原因は、脳の血管の拡張と言われています。カフェインは頭痛薬にも含まれているように、抗炎症や血管の収縮作用があります。

血管の拡張が原因なら、物理的にはカフェインは有効であると言えます。言い換えると、過剰に摂取すると血管を収縮させてしまうので『何等かの原因で拡張すると片頭痛が酷くなる』事も考えられるのです。

拡張したものを収縮できればしめたものですが、収縮しているものを更に収縮させれば血管には負荷が掛かるので反対に拡張する危険性もあると言うことです。

適量のカフェインは効果が期待できますが、飲みすぎる事が引き金になる場合があることも頭に入れておきましょう。

 

カフェインを含む飲み物

カフェインと言えば、コーヒーを思い浮かべます。その他に、紅茶や緑茶にもカフェインは含まれていますし、以外な事にココアにも含まれています。

ココアに含まれていると言うことは、チョコレートにも含まれています。同じカフェインを含むチョコレートを食べると、片頭痛を起こす人もいるのに不思議ですね。

 

カフェインは、片頭痛を緩和すると同時に引き起こす原因にもなります。カフェインの摂取はコーヒーだけでなく、チョコレートでもできます。自分では摂取しすぎていないつもりでも、ちょっとした休憩時にカフェインを過剰に摂っている事も考えるようにしましょう。

 

カフェイン摂りすぎると危険

カフェインには中毒性があります。コーヒーやチョコレートに含まれているので、ついつい気づかない間にカフェインを摂りすぎてしまいます。

大量ではなくても、長期的にカフェインを摂り続けると片頭痛を悪化させたりする事があります。飲み物ではカップに3杯程度が適量ですが、体調が悪いときには少し控えめにする事も考えましょう。

自律神経の乱れや、鉄分やミネラルの吸収を低下させてしまい血液の流れを悪くする事もあるので『摂りすぎ』に注意して上手に頭痛を和らげていきましょう。

 

カフェインの上手な使い方

適量は片頭痛にも効果をもたらすカフェイン。徹夜や仕事の時にはついついがぶ飲みをしてしまいますが、これでは逆効果です。カフェインを有効にする為には、水分も同時にしっかり摂取する事も忘れずに。

カフェイン効果に加えて、血液をキレイに保つ事も忘れないようにする事を心掛ければ痛みを抑える効果も出るはずです。

 

まとめ

コーヒー以外にもカフェインは含まれているので、1日にカフェインが含まれる飲み物は3杯までにしてください。

『コーヒーは飲んでいないのに』片頭痛が強くなる場合には、緑茶や紅茶の飲みすぎ、チョコレートの食べ過ぎがないかもチェックしてください。

-片頭痛

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.