お金

キャッシング経験から感じたこと、そしてお金に対する考え

投稿日:

お金

N.K、男性、38歳、独身

私が『お金がない』状況に気づいたきっかけは、ふとしたことでした。それは30歳ぐらいの頃、私は当時会社員でしたが、毎週金曜日になると、仕事のストレス発散にパチスロへ出かけていました。コインサンドにお札が吸い込まれていく様子を何も変だとは感じず、次々とお金を浸かっていました。そのうち、あることに気が付きます。「毎月の携帯代や実家に入れるお金が足りなくなった」のです。周囲は私が普通に会社に行って働いていると思っていますから、まさかギャンブルでお金がなくなっていると思うことはなかったのです。

そこで頭に思い浮かんだのが「キャッシングをして急場をしのごう」ということです。きっかけは間違いなくこの時でした。その時使用したキャッシングがセゾンカードのキャッシングでした。元々クレジットカードは持っていましたが、キャッシングには手を付けずにいたのが、ここで初めてキャッシングをすることになります。

初めて借りた時は3万円でした。これで大体は急場しのぎになると思えましたし、事実、そのとおりになりました。私がセゾンキャッシングを選んだ理由は、当時はそれしかカードを持っていなかったことから選びました。キャッシングをした後、正直、私は不安になりました。「ついに手を付けてしまった」と後悔したのですが、返せる範囲なのでいいかと思っていました。

ところがそれからというもの、ギャンブルに給料をつぎ込み、他のお金がなくなるたびに私は毎月一度か二度の頻度で、毎回キャッシングをするようになったのです。金額は毎回2万円ほどで、時には5万円を一度に借りる月もありました。そんな時、セゾン以外に簡単に借りられるキャッシングはないかと探ったこともあり、他にはモビットなどのキャッシングも気になっていました。モビットは現在では「WEB完結」という、ネットだけで完結するキャッシングを扱っているようですね。

初めてキャッシングした時、心境としてはものすごく緊張しました。最初は人様からお金を借りる行為がとても後ろめたいことのように感じていましたが、そのうち慣れっこになってしまったことは、今でも自分が甘かったと反省しております。

キャッシングで今一番知りたいこととしては、「ネットだけで申し込みができて、所得証明や在籍確認がないキャッシング会社はどれだけあるのか」ということです。誰しも、キャッシング会社とのやり取りは文章だけにとどめ、余計な交渉はしたくないと思うのが心情だと思うので、私もその範疇です。

とはいえ、キャッシングには助けられました。お金がないというのは本当に困ります。「普通に生活する」ことができないのです。生きている以上、例え実家に住んでいてもお金はかかります。携帯代、キャッシングをスレば毎月の支払いが待っていますし、身の回りの品を買えば、その分、お金はかかってきます。お金がほとんど必要ないのは中学生ぐらいまでだと言っていいかもしれません。ですから私はこのキャッシング経験を無駄にせず、今後に活かしていきたいと思っています。

お金に関する不安は消えません。まず、年金や保険などの「必ず支払うべきお金」がありますし、40歳を超えれば、今度は介護保険の支払いが待っています。実家に住んでいても家の修繕費や固定資産税などもかかってくるでしょう。そうなる前にしっかりとお金を貯め、キャッシングに頼らなくてもいい生活基盤をしっかりと築くことこそが、私にとって非常に重要な事だと考えております。

-お金

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.