眠気覚まし

あなたを悩ます困った眠気をぶっ飛ばす!3つの簡単解消法とは?

更新日:

shutterstock_226292485

会議や講義でしっかりしなければいけない場面でのこらえきれない「あくび」。不意に襲ってくる眠気にボー然と立ち向かっていませんか。

 

 

集中も途切れてしまって、人の話も全く耳に入ってこない・・という状況は非常に困りますよね。そこで今回は、あなたを悩ます急な眠気の解消方法をご紹介させていただきたいと思います。

 

嗅いでニオイで目を覚ます!効果的なアロマオイル

我々人間はニオイに敏感な生き物で、ニオイは脳へダイレクトに刺激を与えてくれます。嗅覚を刺激して脳に直接刺激を与えることで覚醒を促しましょう

オススメなのはアロマオイルです。女性が好むイメージですがもちろん男性でも使える便利アイテムで、眠気が強い時にアロマオイルの香りを嗅げば、すーっとリフレッシュできます。

 

でもアロマオイルであれば、なんでも良いわけではありませんので注意が必要です。中にはリラックスさせて眠気を誘うアロマもあるのでよくチェックしましょう。

 

眠気を解消してくれる3つのアロマオイル

●ペパーミント⇒眠気覚まし、ひらめきをもたらす香り
鼻を抜けるさわやかさで頭もスッキリします。

●ローズマリー⇒リフレッシュ能力が高く、集中力もアップ
筋肉の疲れにも効果アリ。

●レモングラス⇒気分を高揚させて、イキイキとした気持ちに
さわやかなレモンの香りが特徴で、筋肉痛にも効果があります。

 

【使用方法】

  1. 小さなボトルにオイルを入れて、ハンカチなどに数滴たらして嗅ぐ。
  2. 着ていく洋服などにスプレーをしておく。
  3. カップに入れたお湯に数滴たらして香りを嗅ぐ。

100%精油のものを使うのがオススメです。アルコールが含有されているものは安価ではありますが、効能はあまり感じにくいようです。

 

身体を動かし、神経を刺激

身体を動かすことで交感神経を活発にして「起きている時間だ」と思わせる方法です。ラジオ体操なども眠気を拭き飛ばす方法のひとつですが、仕事中などで行うのは難しいものです。

そこで簡単なストレッチをしてみましょう

 

1.デスクワークや机に座ることが基本の方はイスの背もたれに背をのせて、グーッと反らせて背筋を伸ばしましょう。その時、頭のてっぺんから眠気を絞り出すイメージで。

2.立って軽くストレッチ出来る方は尚、良いでしょう。身体の固まった部分をほぐすように伸ばしましょう。疲れるほどストレッチしてしまっては逆効果なので、「程よく」がポイントです。

3.腕を伸ばしたり、足を伸ばしたり簡単なストレッチでも効果があります。その際に、呼吸はゆっくり深呼吸で。大きく息を吸って、ゆっくり吐き出しましょう。

 

炭酸飲料の刺激で頭をスッキリ覚醒!

炭酸は喉にも胃にも刺激を与え脳を活発化させるので眠気に襲われたら炭酸飲料で刺激を与えましょう。グイグイッと涙目になるほど飲めば、頭も覚醒しやすくなりますよ。

微炭酸のものだと効果は感じにくいのでコカ・コーラなどの強めの炭酸飲料がオススメです。

 

眠気は脳が指示を出す!脳を起こす事が目覚めの近道

人間には起きる⇒食べる⇒動く⇒食べる⇒寝るといった一連の流れがあり、睡眠サイクルもその人それぞれで存在します。

昼過ぎに必ず眠くなる人、夕方になると眠くなる人など一度は「眠気」が襲ってくるのだそうです。
大体この時間に眠くなるなぁ・・と把握できている方は、その時間帯の前に次の3つの方法で対処しましょう。

  • アロマで香りを嗅ぐ
  • ストレッチで体を動かす
  • 炭酸飲料で刺激を与える

これらは簡単にできる方法なので、眠気に困っている方はぜひ試してみてくださいね。襲い来る眠気を吹き飛ばしましょう!

-眠気覚まし

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.