女性ホルモン

美しさの源エストロゲン!女性ホルモンの働きとは?

投稿日:

美容業界ではエストロゲンは美の源と呼ばれることもありますが、
エストロゲンとは女性ホルモンの1つで、
卵胞ホルモンと言われると理解できる方もいるのではないでしょうか。

女性ホルモンは女性にとって欠かすことの出来ないものですが、
エストロゲンは美容にとっても欠かすことの出来ないものなのです。

ここではエストロゲンが美の源と言われる理由について
詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

女性ホルモンの種類

エストロゲンが女性ホルモンの1つであると聞いて、
驚く方もいるのではないでしょうか。

女性ホルモンには2つの種類があります。
それがエストロゲンとプロゲステンです。
エストロゲンとプロゲステンは卵胞ホルモンと黄体ホルモンと言います。

美容関連ではエストロゲンとプロゲステンと呼ばれることが多く
健康関連では卵胞ホルモンと黄体ホルモンと呼ばれることが多いです。

これらはどちらも同じものを指しているので混乱しないようにしてください。

エストロゲン(卵胞ホルモン)の働き

  • 女性らしい体を作る
  • 女性らしい思考にする
  • 子宮内膜を厚くする
  • 自律神経の働きを安定させる
  • 肌のコラーゲン生成
  • 代謝を整える
  • 動脈硬化の予防
  • 骨粗しょう症の予防
  • 血流を改善する

プロゲステン(黄体ホルモン)の働き

  • 妊娠を継続しやすい子宮環境にする
  • 皮脂分泌の促進
  • 水分を溜め込む
  • 基礎体温の向上
  • 蠕動運動を弱める
  • 骨盤内に血流が集中する
  • 乳腺が発達する
  • 免疫力の低下

どちらも妊娠するための働きとしてはより複雑な働きをしています。
例としては頸管粘液の粘度を変える働きです。

ここではその複雑で細かな働きに関しては詳細を省いています。

エストロゲンが美の源である理由

実はエストロゲンが美の源である理由は1つではありません。
1つではないというのがまた、美の源と呼ばれる理由とでも言いますでしょうか。
エストロゲンの働きのほとんどが、
美容にとって非常に重要なことであると言えます。

エストロゲンの働きの多くは、
女性をより美しく見せるために欠かすことの出来ないものなのです。

エストロゲンは肌を良い状態に保ちやすくします。
皮膚内部のコラーゲン生成によって肌にはハリが出ますし、
血流が改善されることによって栄養が十分に運ばれ、
老廃物もしっかり流れていくことの出来る環境が整うのです。

また自律神経が整うことによって
精神的な落ち着きもある時期ですので、心に余裕が生まれます。

エストロゲンには女性を美しく見せるための要素が
たっぷり詰まっているのです。

そのためエストロゲンを豊富に摂取し、
よりエストロゲンの効果を得るために化粧品などには
エストロゲンと似た物質が含まれている場合もあります。

エストロゲンは多量摂取によって
子宮内膜を厚くしすぎてしまうなど問題がありますが、
化粧品やサプリメントに含まれるものであれば問題視するほどではないと言われています。

スポンサーリンク

月経や妊娠に重要なプロゲステロン

エストロゲンが美しさの源と呼ばれている一方、
プロゲステロンは美容業界では注目されていません。

それどころがプロゲステロンによって
肌の状態や精神状態が乱れてしまうとまで言われています。

プロゲステロンが肌の状態や精神状態を乱してしまうというのは、
あながちウソではありません。

プロゲステロンは受精に成功した場合、
しっかり着床させ妊娠出来るように体が変化しているのです。

妊娠によって必要なエネルギー量が増えるために
水分や栄養を溜め込みやすくし、基礎体温を上げることで子宮内を
より妊娠に適した状態へと整えています。

妊娠している時期は妊娠を継続させるために
免疫力を低下させ胎児を攻撃してしまわないようにしますが、
肌を保護するために皮脂分泌が促されるのです。

これは美容的にはむくみやすく体温が上がり、
皮脂分泌が促されるためにニキビなど肌荒れが起こりやすい状態になるため、
あまり歓迎されていないのです。

しかしこれは妊娠や出産にとっては
重要な変化ですから、それを理解した上で対策を行ってください。

まとめ

エストロゲンが美しさの源であることは、
エストロゲンの働きからも分かるように事実です。

それでも美しさにとって一番注意しなければならないのは、
エストロゲンの量ではなく女性ホルモンのバランスが変化する時期のケアでしょう。

バランスが入れ替わる時期が一番
肌荒れが起こってしまいやすい時期だからです。

-女性ホルモン

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.