シミ

シミをピーリングで消す!背中に有効なケミカルピーリングとは?

投稿日:

シミができるのは顔だけに限りませんね。
例えば腕や脚、背中などにもシミができてしまうという事はよくある事です。
特に背中というのは自分ではなかなか見る機会が少ないので知らない間にシミができてしまっていたなんて事もあるかもしれません。
背中は自分では手が届きにくいので美白ケアなどもなかなか毎日きちんと丁寧に行うというのは難しい場合も多いですね。
でも水着や背中の開いた洋服などを着る時にはできるだけキレイな背中でいたいですよね。
そこでこのページでは、背中のシミ対策としてピーリングについてお話してみたいと思います。

 

ケミカルピーリングって何?

エステなどのメニューでよく「ケミカルピーリング」という文字を目にする事もがあると思います。
ケミカルピーリングは、酸の一種でもある薬剤をシミのある部位に塗布する事で古い角質を取り除き、シミを薄くする効果が期待できる治療法の1つです。

ケミカルピーリングで古い角質が取り除かれると新しい細胞の誕生が促進されます。
つまり肌の代謝がアップしてコラーゲンなどの美肌成分の生成も促されるという相乗効果も期待できる治療法でもあります。

ケミカルピーリングは、シミ対策だけでなく、ニキビやシワ、たるみ、毛穴トラブルなどにも効果が期待されていますので、多くの女性がキレイな肌を求めてケミカルピーリングを利用しています。

 

ケミカルピーリングで使用される薬剤

一言でケミカルピーリングと言っても色々な種類の薬剤が用意されていて、施術を受けるサロンによって使用されている薬剤が異なる事が多くあります。
基本的には酸を用いて行う治療ですので、「酸」という点は共通していますが、何由来の酸なのかという点については異なっています。

いくつか例を挙げてみると、フルーツ酸、グリコール酸、乳酸などは水溶性の酸でAHAと呼ばれています。
水溶性があれば当然油性の酸もあります。
油性の酸としては、サリチル酸というものが有名でBHAと呼ばれています。

これらは市販の化粧水などにも配合されている事があるので、AHAやBHAなどという表記を目にした事がある人もいるかもしれませんね。
AHAとBHAだと油性の酸であるBHAの方がより高い効果が期待できるとされています。
エステなどで行われているピーリングの場合は、水溶性のAHAが使用されている事が多いですが、皮膚科などで行われているピーリングではより効果が高いとされる油性のBHAを使用している場合もあります。

また、この2つ以外にもTCAと酸も存在していますが、これはかなり作用が強いとされているので、日本人の肌には少し強すぎる可能性が高いのであまり使用している機関はないと言われています。

 

ケミカルピーリングの特徴

ケミカルピーリングは、顔にできたシミにも効果が期待できますが、背中など顔以外の部位にできたシミにも効果が期待できるとされています。
1回の施術でキレイにシミがなくなるという事はほとんどありませんが、2~4週間に1回のペースで最低でも5回ほどは施術を受ければある程度の効果を感じる事ができるとされています。

価格は施術を受ける機関によって異なるので一概には言えませんが、おおよその目安としては1回が安いところで5,000円、少し高いと20,000円くらいにのところもあります。
保険外治療となりますのでこの程度の費用がかかるのは仕方ないでしょう。

価格に幅があるのは施術に使用する薬剤やオプションサービスの内容などが異なるからだとされていますが、オーソドックスな施術の平均を言えばおおよそ1万円前後が一般的と言われています。

 

まとめ

このように背中のシミに即効性のあるケアを行いたい場合には、ケミカルピーリングがお薦めです。
施術にかかる費用や期間は施術を受ける機関によって異なりますので、よく下調べをして信頼できる医療機関やサロンなどでセユツを受けるようにしましょう。

-シミ

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.