ワセリン

プロペトでアトピーケアをおすすめする理由とは?

投稿日:

  • アトピーケアにプロペトがおすすめだと言われているけれど、その理由は何なのか?

気になる方もいるでしょう。

  • そもそもアトピーとは何なのか?
  • なぜ保湿剤にワセリンを使わないのか?

という点は知っておきたいところでしょう。またプロペトはどのように使えばいいのかを、ここでは徹底的にご紹介します

スポンサーリンク

アトピーの特徴

アトピーは正式にアトピー性皮膚炎と言い、現代主流の肌トラブルのひとつです。アトピーの特徴は水分保持力が低く常に乾燥していることでしょう。乾燥によって肌バリア機能が低下するため、化粧品や空気の乾燥・紫外線などの影響を受けやすく、

  • かさつき
  • のはがれ
  • ジクジク
  • 丘疹
  • かゆみ
  • 炎症

などを起こしやすいのが特徴です。

肌バリア機能低下の原因は肌の乾燥です。乾燥の改善には角質層内をうるおいで満たすことです。しかしバリアがない状態では、いくら水分を与えても漏れてしまいます

そこで肌内の水分が蒸発しないよう、表面を保護することがまず大切でしょう。内部の水分蒸発を防ぎつつ、さらにうるおいで満たしてあげればバリア機能アップに役立ちますよ。

スポンサーリンク

デリケートな肌にプロペト

肌表面を保護しうるおいが逃げていかないように保護するのはプロペトが効果的です。プロペトは石油が原料の保湿剤で、肌の保湿にも役立ちます。石油が原料だと聞いて不安になる方もいるようですが、もとを返せば石油も植物です。さらにガソリンや灯油などのエネルギー部分を抽出し、残った不純物も高精製してあるので安心して使えますよ。

主にプロペトは肌トラブル改善に皮膚科で処方されますが、眼科レベルの治療にも用いられるほどのやさしさが魅力です。アトピーのように肌バリア機能が低下している肌にも使えるから安心ですね。

ちなみに皮膚用よりも眼科用のプロペトのほうがより厳しい基準が設けられているので、目には眼科で処方されるプロペトを使いましょう

 

アトピーにワセリンを使わない理由

ワセリンもプロぺトも同じ原料を使っています。またどちらも同じ働きをしていて肌の表面を保護し内部の水分蒸発を防ぎます。どちらも保湿力抜群のオイルですが、ワセリンが値段が安いという特徴があります。

それにもかかわらずアトピーにはなぜプロペトなのかというと、オイルの純度が高いからです。プロペトは白色ワセリンを高精製して作られているため、より高純度でデリケートな肌を持つアトピー性皮膚炎にも安心して使えますよ

とはいってもワセリンも高精製して作られているので、アトピーでもトラブルなく使える人もいます。ただまれに含まれている不純物が肌への刺激になってしまうため、純度の低いワセリンはやはりおすすめしません。やはり高純度なプロペトがアトピー肌に安心して使えますよ。

スポンサーリンク

プロペトの使い方

アトピー性皮膚炎にプロペトを使う場合、お風呂上りすぐは避けましょう。皮膚の表面を保護するため、熱がこもりやすくかゆみや赤みなどの症状を悪化させてしまう恐れがあるからです。まずは熱をとってから使うのが効果的です。

また洗顔後は

  • アトピー用の化粧水やミネラルウォーターを使う
  • 完全に水滴を拭き取らずプロペトを使う

…と個々に合った水分補給方法を試すとベストでしょう。

なお伸びがよくないと感じた場合は十分に手にとって温めてから使いましょう。硬いまま肌に伸ばしてしまうと過剰な摩擦による刺激でアトピーを悪化させてしまうので注意です。

つける量は簡単な洗顔で落とせる程度にしてください。せっかくのプロペト効果も過剰な洗顔によってより乾燥を促進させてしまいアトピーを悪化させてしまうので注意しましょう。

 

まとめ

  • ワセリンよりも高精製されているプロペトはアトピーケアに効果的
  • プロペトを正しく使って効果的にアトピーケアしましょう

アトピーケアにはワセリンよりもプロぺトがおすすめです。肌をやさしく包み込んで水分蒸発を防ぎつつ、肌本来の機能アップをサポートするのに役立つでしょう。正しく使って健康な肌を取り戻してくださいね。

-ワセリン

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.