女性ホルモン

女性ホルモンのバランス維持にはストレス解消が大事な理由とは?

投稿日:

女性ホルモンは卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2つのホルモンが
月経周期に合わせて増減を繰り返しています。

女性ホルモンこそが月経周期を左右しているものなので
女性ホルモンの増減に合わせて月経が訪れるという方がより正確な表現です。

この女性ホルモンは日々その分泌量を変化させながら
体を女性らしく、そして妊娠可能な状態へと導いているのですが、
ストレスによって分泌量が低下してしまうことが分かっています。

ここではストレスが女性ホルモンに与える影響について説明していきます。

スポンサーリンク

女性ホルモンとストレスの関係

女性ホルモンはその分泌量が日々異なるものなので、
日常生活のあらゆることに影響を受けてしまいがちです。

そしてストレスによっても女性ホルモンの分泌量が低下することが分かっています。

少し難しい話にはなりますが分かりやすく説明すると、
女性ホルモンは脳から指令を受け、卵巣から分泌されています。

ストレスを受けると脳がその情報を処理することになるのですが、
強いストレスを感じると脳はストレスの処理を優先しますので、
ホルモン分泌の指令が十分ではなくなってしまうことになるのです。

結果的にストレスによって女性ホルモンの分泌量が低下しますので
女性ホルモンの大敵はストレスだということになるのです。

これにより女性ホルモンのバランスが崩れると
今度はそれが自律神経に影響を及ぼすことになり、
体調不良の症状などが表れるようになってしまいますので注意が必要です。

スポンサーリンク

過剰なストレスには要注意

ストレスと聞くとどうしても精神的ストレスについて考えてしまいますよね。
例えば職場の人間関係や恋の悩み、試験勉強などをストレスとして挙げる方が多いのではないでしょうか。

もちろん、これらもストレスの1つです。

しかしストレスは精神的なものだけではありません。
医学的なストレスとは刺激が加わることを指していて、
例えば気温の変化によって暑くて苦しいというものもストレスですし、
寒くて手足が冷えることもストレスなのです。

何らかの刺激によって体が緊張状態になるなど変化してしまうことというのは
全てストレスになりますので、人間関係や試験勉強に悩みがない場合でも強いストレスを
受けていることと言うのは考えられます。

しかしストレスはマイナスな側面ばかりではなく、
免疫力を向上させる働きがあるという研究データもあります。

大切なのはストレスを受けないことではなく
過剰なストレスによってホルモンバランスを崩さないということなのです。

スポンサーリンク

ストレスを発散させることが重要

ストレスは日常生活の中で溢れているものなので
ストレスを受けないようにするというのは現実的ではありません。

ストレスから受ける影響には個人差がありますので
ストレスに強い人やストレスに弱い人というのは実際に存在します。

女性ホルモンとストレスは大きな関係がありますが、
これには自律神経の働きも避けては通れません。

ストレスによる女性ホルモンの分泌量の低下、乱れでは
女性の薄毛を引き起こす大きな要因とも言われています。
ストレスは血流にも影響を及ぼしますし、女性のホルモンバランスは
毛髪へ影響を与えるためでしょう。

そのためストレスをしっかりと解消してあげる必要があります。
ストレスは脳で処理されることになると説明しましたが、
これはストレスがコルチゾールと呼ばれる物質を生成し、これを処理するためです。

このコルチゾールはチョコレートによってその働きを低下させることが分かっています。
ストレス解消で好きな事を楽しみながら、チョコレートを食べることでストレスを解消しましょう。

まとめ

ストレスは体にとって大きな影響をもたらします。
女性ホルモンにとってもそれは例外ではなく、
影響を受けることで本来必要な量の女性ホルモンを分泌することが出来なくなるのです。

女性ホルモンは女性にとって非常に大切なホルモンですが
実はその分泌量は正常な状態でもわずかな量しか分泌されていないのです。
そのわずかな量のわずかな変化が体に大きな変化をもたらすのです。

-女性ホルモン

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.