いびき

無呼吸といびきの原因は?何無呼吸症候群になる2つの理由!

投稿日:

無呼吸症候群(別名SAS)と呼ばれる病気があるのですが、睡眠中に大きないびきをかいていたと思っていたら、突然いびきがとまり一定の時間呼吸をしなくなる症状を無呼吸症候群と言います。
いきなり意識を失うケースもあるので、寝ていると勘違いされる事も多く、救急車の手配が遅れたりする事もあるので、こういった知識はなるべく吸収しておき、もしもの時に対処できるよう準備しておきましょう。
今回は、無呼吸といびきの原因は一体何?というテーマでお話ししていこうと思います。
いびきは熟睡している自然な状態だと勘違いしている人も多いのですが、実際は、その逆で睡眠がうまくとれずに疲労が蓄積している状態や、無呼吸の場合は、そのまま酸欠になり脳細胞が死滅し、後遺症が残るか、最悪の場合そのまま死に至るケースもあります。

 

無呼吸症候群と呼ばれる病気

SAS(サス)とも呼称される病気ですが、英語の正式名称は、Sleep Apnea Syndoromeと言います。
サスの特徴としては、睡眠中に何度も無呼吸の状態が続き、10秒以上呼吸が止まる事をさします。
医学的に無呼吸だと診断される基準は、1時間に5回以上の無呼吸状態が繰り返されたり、一晩で30回以上繰り返される場合は、無呼吸症候群だと診断されます。
この病気の怖さは、自覚がない人が多いというところにあります。
寝ている時に起きているので、自分が無呼吸の状態に陥っているのか、いびきをかいているのかどうかさえ自覚がないひとが多いです。
結婚している方なら、パートナーに教えてもらう事も出来ますが、独身の場合は、気づかずにそのまま生活を過ごしている人も少なくありません。

 

自分はSASでないか疑ってみる?

独身生活が長いと、誰も教えてくれません。
自分で気づくしかありません。
無呼吸状態というのは、呼吸が正しくおくれていないために、睡眠がうまくとれません。寝ても疲れがとれなかったり、集中力が激しく低下したり、全身のけだるさ、眠気などを感じる場合は、自分が睡眠を正しくとれておらず、無呼吸症候群ではないのか疑ってみるべきです。

 

スマホでSASの自己診断

お持ちのスマホを使って、この診断は出来ます。いびきアプリというのがあるので、ダウンロードしてそれを枕元に置いて寝るだけです。
無料のものでも、いびきを録音する機能などもありますので、最低限自分のいびきの状態を確認する事は出来ます。
iPhone版もアンドロイド版も出ているので、これらのアプリを使って無呼吸症候群ではにかどうか自己診断してみる必要性があります。
いびきをずっとかいているのに、突然いびきがとまってしまうような場合は、可能性はあります。

 

無呼吸になる2つの理由

呼吸が止まる理由として考えられる理由は2つあります。
1つ目は閉塞性睡眠時無呼吸と呼ばれる、気道が何らかの原因でふさがり息が出来なくなるタイプです。
もうひとつが、中枢性睡眠時無呼吸と呼ばれる呼吸自体をする機能が低下し、呼吸しなくなってしまうタイプです。
大きく息を吸い、呼吸が止まるような事が一晩に何度もあるようであれば、要病院受診です。

 

まとめ

いびきが命に関わる病気につながる可能性もあります。
あまりに激しいいびきで突然呼吸が止まってしまうようなケースの場合、無呼吸症候群と呼ばれる(別名SAS)呼吸器関係の病気であるケースがあります。
酸素をとりこめないために大変危険な状態であり、本人は自覚もないため、誰かに指摘されない限り気づかずにそのまま死んでしまうケースもあります。
睡眠をとっているのに、倦怠感や集中力の著しい低下、激しい眠気などを感じる場合は、無呼吸症候群でないか疑ってみましょう。
自覚がない方は、スマホアプリで自分がSASでないか確かめてみると良いでしょう。

 

 

-いびき

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.