「妊娠線がひどい!何か対処法はありますか?」に回答してみる

shutterstock_198414131

「妊娠線がひどい!何か対処法はありますか?」という疑問を持つ人、特に初めての妊娠や以前の妊娠で妊娠線ができたことがない方であれば、自分の肌に急に線ができてしまって戸惑うのは当然のことです。自分の肌に大きなヒビ割れような線がいくつもできてしまい、どんどん広がってしまうと気持ちも暗くなります。そんなひどい妊娠線はどう対処していけばよいのでしょうか。

スポンサーリンク

妊娠中からの妊娠線の対処法

「妊娠中お腹に小さな線ができ始め、これくらいならと思って放置しているとどんどん大きくなりひどい妊娠線になってしまった」という場合があります。そうした場合の対処法ですが、まずは肌の保湿を心がけていきましょう。妊娠線は皮膚の奥深くが断裂している状態なので、小さな裂けめができるとそこからどんどん広がっていきます。特に肌が乾燥していると広がりやすくなります。それ以上広がらないようにする為に皮膚を乾燥させないことが重要になります。
しかし妊娠線ができるのは皮膚の表面ではなく皮膚の奥深くの真皮といった皮下組織の断裂によってできてしまうので、皮膚の表面だけを保湿しても対処することが困難な場合なので妊娠線用の保湿クリームやオイルがオススメになります。専用クリームやオイルを使うと妊娠線の原因となる皮下組織までの保湿を行ってくれるのでこれ以上妊娠線を広がらないように予防してくれます。妊娠線クリームやオイルを塗るのはお風呂上りといった乾燥しやすいときに塗るのがオススメです。

出産後の妊娠線の対処法

「出産後に妊娠線ができてしまったことに気づいたけれど、いつか消えるだろうとそのままでいたら消えず、ずっとひどい妊娠線が残ったままという場合」はどうしたらよいのでしょうか。
妊娠線は皮膚の奥深くの断裂によるものですので、皮膚の表面が怪我などで切れてしまった場合と違いなかなか元通りというわけにはいきません。
出産後の妊娠線の対処法ですが、保湿と新陳代謝を上げることが重要となります。保湿だけでは消えづらいですが、毎日することが重要なことです。保湿のためには普段から使っている保湿用の化粧水や乳液でもよいのですが、妊娠線用のクリームであれば肌の再生を促す成分が配合されていたり妊娠線に効果的になっています。
また保湿だけでなく新陳代謝を高めることも重要になります。妊娠線は肌が断裂している状態なので、断裂を再生させるためには新陳代謝を高めることが必要になります。血行をよくしたり普段から運動したりということが新陳代謝を高めるのに効果的です。

スポンサーリンク

どうしても気になる妊娠線の対処法

「保湿をしっかりしても新陳代謝を高めるようにしていても、どうしても妊娠線が目立って気になる場合はどうしたらよいでしょうか。」ずっと対処していても薄くならず悩んでいる方もいるのではないでしょうか。
そうしたときの対処法ですが、クリニックでのレーザー治療があります。レーザー治療というのはレーザーの熱で肌のひび割れを収縮し妊娠線を目立たなくする治療のことです。
レーザーで妊娠線を治療する場合、一度の治療で妊娠線を目立たなくするということは難しく何度かクリニックに通う必要があります。sosite保険適用外になるので費用が若干高つくことと、肌質によってはレーザーが痛くて耐えられないという方もいらっしゃるので、クリニックでしっかりとカウンセリングを行うことが重要になります。
クリニックによって値段も回数も変わってくるので、予めどんなクリニックがありどんな治療法を行っているかを調べ、信頼のおけるクリニックを選ぶようにしましょう。

まとめ

ひどい妊娠線ができてしまうと自分の肌じゃないような感じがして、気が滅入ってしまいます。しかし自分の体質にあった方法の対処法を行っていくことで妊娠線を目立たなくすることは可能です。妊娠線がひどいからといって諦めず対処していきましょう。

アドセンス
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加