水疱瘡

大人の水疱瘡には危険がいっぱい!水疱瘡3つの注意点!

投稿日:

水疱瘡というと、子供がなるものというイメージがありますが、子供のころに水疱瘡にかかっていない人は、大人になってから発症することがあります。

子供の水疱瘡に比べ、大人の水疱瘡は合併症などの危険も多く注意しなければならないことが多くあります。

今回は、大人の水疱瘡で注意すべき点をいくつか挙げていきます。

 

大人の水疱瘡=帯状疱疹ではないの?

体の神経に沿って発疹ができ、発熱、痛みを引き起こす帯状疱疹。

水疱瘡と帯状疱疹はどちらも「水痘・帯状疱疹ウイルス」が原因となっているので混同しがちなのですが、子供のころに水疱瘡になっていない人が大人になってから水痘・帯状疱疹ウイルスに感染すると、帯状疱疹の症状ではなく、水疱瘡の症状が出ます。

なぜ同じ水痘・帯状疱疹ウイルスなのに発症する病気が違うのでしょうか?

水疱瘡は完治したとしても、水痘・帯状疱疹ウイルスがいなくなる訳ではなく、神経節に留まります。そして、免疫力が低下した時等に再活性して増殖します。

水痘・帯状疱疹ウイルスが再活性し、ウイルスが増殖した時になるものが帯状疱疹です。

分かりやすく言うと、水疱瘡の二回目=帯状疱疹ということですね。

なので、大人になってから初めて水痘・帯状疱疹ウイルスに感染した場合に発症するのは帯状疱疹ではなく、水疱瘡だということになります。

スポンサーリンク

大人の水疱瘡は合併症を起こしやすい

大人の水疱瘡は、こどものころになる水疱瘡よりも重症化しやすくなる傾向にあります。

具体的にいうと、

・水痘肺炎

・小脳炎

・無菌性骨膜炎

・脱水症状

・皮膚の二次感染

といった、合併症を起こす確率が高くなってしまいます。

大人になってから水疱瘡を発症した場合は、病院で受診することをおすすめします。

 

仕事は休むべき?

仕事は大人特有の事情ですが、水疱瘡にかかってしまった場合は休まざるを得ません。

帯状疱疹は、感染性はないのですが、水疱瘡は感染力が非常に強いですので、仕事はおろか、公共の場への外出も控えるべきでしょう。

他の子供や、免疫不全の人に感染させてしまう事がないようにするためです。

そもそも水疱瘡の症状である、発熱、筋肉痛、発疹がカサブタになってからの痒みなどによってとても仕事をできる状態ではないかもしれませんが…。

大人の水疱瘡は、重症化することがなければ一週間程度で発疹がカサブタになり、感染力もなくなるので、それ以降は出社も可能となります。

スポンサーリンク

妊婦の水疱瘡は胎児にも影響がある

水疱瘡に感染したのが妊婦さんである場合、胎児にも影響がでる場合があるので注意が必要です。

妊娠状態で水疱瘡に感染した場合、胎児に影響することをまとめると

1.早産、流産

2.低出生体重

3.脳萎縮

4.白内障

2,3,4は先天性水痘症候群と呼ばれていますが、主に海外での報告があるだけで

日本では先天性水痘症候群の報告は少ないようなので、万が一水疱瘡になってしまっても

自分を責めたりしないでくださいね。

しかし、早産や流産の危険がある以上は医師と相談して対処していく必要があります。

 

大人の水疱瘡を防ぐためには?

今まで水疱瘡にかかっていないのなら、予防接種を受けることをお勧めします。

水疱瘡の予防接種は二回する必要があります。一回目の接種で75%程度の予防効果があり、二回目の接種でほぼ予防することができます。

自身で過去に水疱瘡にかかったことがあるかわからない場合は、抗体検査を受ける事で、水疱瘡の抗体があるかを知ることができます。

妊娠している場合は、飲める薬も限られてきますので、妊娠前に予防を済ませておく必要があります。

万が一、予防する前に妊娠をしてしまった時は水疱瘡が流行っている冬場から春先にはできるだけ人ごみを避け、手洗い等を徹底して予防に努めましょう。

どのような場合でも、水疱瘡が疑われるときには医師とよく相談してくださいね。

 

おわりに

大人になってからの水疱瘡は、子供のころよりも症状が重く、重症化しやすい傾向にあります。

仕事は休まなくてはありませんし、特に妊婦さんの場合は、お腹の胎児にも影響が出てしまうので、あらかじめ予防接種を受けておくことを強くお勧めします。

水疱瘡は感染力が非常に強いので、予防接種を受けておくことは他の人へ感染させないためのマナーと言えるかもしれません。

 

仕事と赤ちゃん、どちらも大切です。水疱瘡にはよく気を付けてくださいね。

 

-水疱瘡

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.