女性ホルモン

女性ホルモンを整えるために効果的な4つの食べ物とは?

投稿日:

女性ホルモンは男性ホルモンに比べ、
そのバランスが崩れてしまいやすいことが分かっています。
そのため女性ホルモンは積極的に整えてあげる必要があると言われています。

女性ホルモンのバランスは生活習慣や食事生活の中でも、
整えていくことが出来ると言われています。

ここでは女性ホルモンと食事の関係について説明していきます。

スポンサーリンク

食事と女性ホルモンの関係

女性ホルモンは生活習慣の影響を受けやすいことが分かっています。
そのため睡眠時間やストレスをコントロールした生活を送ることが大切だと言われています。

食事の内容も例外ではなく、女性ホルモンのバランスにとって非常に重要です。
栄養バランスが崩れてしまうと、女性ホルモンのバランスも崩れてしまうことが分かっているためです。

人間の体の中には約40種類のホルモンが分泌されていますが、
栄養バランスはこれら全てのホルモンバランスに影響しているのです。

その中でも女性ホルモンは日々ホルモンの分泌量が変化するものですので、
その影響を強く受けると考えられています。

特に気を付けたいのは過度なダイエットです。
過度なダイエットによりタンパク質や脂質が不足してしまうと、
タンパク質や脂質から形成されている女性ホルモンは量が減少してしまうことが分かっています。

過度なダイエットによって生理が止まってしまうということは、
耳にしたことがあるのではないでしょうか。

これは女性ホルモンの分泌がほとんどなくなってしまった状態なのです。

もちろん生理が止まっていないからと言って安心できるわけではありません。
生理が止まるのは最終的なものだと考えても問題ありません。

タンパク質や脂質が不足することで、
確実に女性ホルモンは減少してしまうのです。

女性ホルモンの減少は美容や妊娠出産だけではなく、
健康にも大きな影響を与え、様々な病気を引き起こすきっかけにもなりえます。

ダイエットを行う場合であっても、
栄養バランスに気を配り健康を損なわないように配慮しましょう。

スポンサーリンク

女性ホルモンは食事のバランスを優先

女性ホルモンはなによりも栄養バランスを意識することが大切です。
栄養のバランスが取れた食事を行うことにより、
体のバランスを整えることが出来、結果的に女性ホルモンも整うというわけです。

体は食べたもので作られていますが、
栄養のバランスの取れた食事を1回行っただけでは効果がありません。
継続して食生活を改善していくことで、
徐々にバランスを整えていくことが出来るというものなのです。

そのため継続した食事の改善が必要になります。
1日1食で済ませてしまう方もいますが、
これでは1日に必要な栄養素が補いきれないと言われています。

食事の回数や食事の量、栄養バランスを考えるのは難しいかもしれません。
生活習慣として栄養のバランスの良い食事が馴染むのには
半年から1年は掛かると言われていますので、
出来る範囲で取り組むことを意識し、継続して食事について考えましょう。

スポンサーリンク

女性ホルモンに有効的な食べ物

女性ホルモンは栄養のバランスの取れた食事が一番です。
しかし、その中でも女性ホルモンのバランスを整えるのに有効的であると
言われている食べ物もあります。

大豆

大豆には大豆イソフラボンと呼ばれる卵胞ホルモンに似た働きをする成分があり、
これによって女性ホルモンのバランスが整うと考えられています。

ナッツやバナナ

ナッツやバナナにはビタミンb6が多く含まれています。
これは女性ホルモンのバランスを整えることが出来ると言われている成分です。

かぼちゃ

カボチャにはビタミンEが豊富に含まれています。
このビタミンEは卵巣機能を正常な状態へ導くことが出来ると言われています。

まとめ

女性ホルモンを整えるためには、
バランスの良い食事を行うのが一番です。
そのため特定の食べ物だけを多く摂取すればいいというわけではありません。

有効的な食べ物を理解した上で、偏りなく栄養を摂取していきましょう。

-女性ホルモン

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.