女性ホルモン

女性ホルモンのバランスが崩れるとどうなる?整える方法は?

投稿日:

ホルモンバランスの乱れという言葉は、誰しも一度は耳にしたことがあるでしょう。

しかし実際にホルモンバランスが乱れるとはどういう状態で、どのように改善していくべきなのか理解している方は少ないと思います。

ここでは女性ホルモンのバランスについて解説していきます。

スポンサーリンク

女性ホルモンのバランスと生理周期

そもそも女性ホルモンとは卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2つ存在しています。

女性ホルモンは生理周期と密接していますので、生理周期を理解している場合には女性ホルモンの働きも理解しやすくなるでしょう。

 

女性ホルモンは生理開始から排卵までを卵胞ホルモンが、それから排卵後から生理開始前までを黄体ホルモンが盛んに分泌されるようになっています。

分かりやすく単純に説明する場合には卵胞ホルモンは妊娠に向けた体を作り上げ、黄体ホルモンは妊娠可能な状態を保つホルモンになります。

 

女性ホルモンと一口に言いますが、これら全く作用の異なるホルモンが増えたり減ったりすることによって生理が起こり、女性の体は活動しているのですね。

卵胞ホルモンの分泌と黄体ホルモンの分泌のバランスが保たれていると、女性は最も妊娠しやすく体調も良い状態になります。

スポンサーリンク

女性ホルモンのバランスが崩れると起こること

ホルモンバランスというものは、想像しているよりも簡単に崩れてしまいます。ホルモンバランスを崩してしまう原因は日常生活の中に溢れているのです。

  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 運動不足
  • 栄養バランスの乱れ

これらが代表的なホルモンバランスの乱れを招く原因です。ホルモンは脳の指令によって分泌されるものですので、ストレスによって自律神経が乱れてしまうと脳が上手く指令を出せなくなってしまうわけです。

またホルモンは夜間に分泌されることが多いですので、睡眠不足によってホルモンの分泌量が減ってしまうことが分かっています。

 

運動不足や栄養バランスの乱れも同様に、ホルモンの分泌に影響を与えることが分かっているのです。

では、具体的にホルモンバランスが乱れるとどのような影響が出るのでしょうか。

  • 月経トラブル
  • 肥満
  • 食欲の増減
  • 疲れやすい
  • 血糖値の上昇
  • 睡眠障害

 

女性ホルモンはこのように妊娠や出産、または生理に対する体の変化だけではなく健康的な生活にも影響を与えるのです。

スポンサーリンク

女性ホルモンのバランスを整える方法

女性ホルモンのバランスを整えるためには、ホルモンバランスが乱れてしまう原因を取り除くことが大切です。ホルモンは生活の影響を受けやすいものですので、整えてあげることも可能なのです。

また生理周期を把握し女性ホルモンの変化を知ることによって、ホルモンの影響と体や心の変化などを理解し対応できるようになると良いでしょう。

ホルモンバランスが大きく乱れている場合などには、薬を用いた治療もあります。

 

健康的な生活を意識することによってホルモンバランスは整えやすいです。女性の場合はホルモンバランスは毎日変化していくものです。ホルモンの分泌量だけを見れば、女性は月に4回は性格が変わると言われることもありますね。

そのため長期的に健康的な生活を続けていくことが大切になりますので、無理のない範囲で行うようにしましょう。

おわりに

女性ホルモンのバランスを整えるとは具体的に言えば、卵胞ホルモンと黄体ホルモンを必要とされる期間にしっかりと分泌させるということです。

女性ホルモンはその他のホルモン同様に日常生活やストレスから影響を受けやすいです。そのためホルモンの分泌量が減ってしまったり、その期間が乱れたりすることがあります。

 

このようにホルモンバランスが乱れてしまうと健康にも精神的にも、不調を感じてしまうようになってしまいます。さらに女性ホルモンの乱れは不妊を引き起こしてしまうこともありますので、注意しておかなければならないものなのです。

ホルモンバランスは基礎体温表でチェックすることが可能です。何か気になることがある場合は血液検査によって数値をチェックすることも出来ます。

 

-女性ホルモン

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.