美容

ニキビのメカニズムとは?色別の症状とは?やっぱり皮膚科?

投稿日:

ニキビが気になる女性

ニキビは皮膚にできた炎症、と、ひとくくりにすることもできますが、実はいろいろな状況から段階に分ける事が出来ます。

今回はその段階の違いについてと、適切な処置方法について書いていきます。

ニキビができるメカニズムとは?

そもそもニキビはどうしてなるのでしょうか?

それは、皮膚に過剰な脂が付着していると起こります。体の老廃物が出ているのに表皮がターンオーバーしない時などはとくに余分な脂が顔の表面にたまってしまいます。

そうなると、脂が酸素にふれて酸化してしまい、酸化した脂が顔の皮膚に残っていることで炎症を起こしてしまう。これがニキビのメカニズムです。

ニキビの色別の症状とは?

ニキビにはいくつもの段階があり、適切な処置をしないとどんどん悪化していくって知っていましたか?

白ニキビ

吹き出物のようにぽちっとしたやや赤いふくらみがあるうちはニキビの初期です。これを白ニキビといいます。このニキビは人から見ても気づかれないほど肌になじんだ色をしています。

私はよくこの白ニキビになるのですが、ついついさわるとそこだけがふくらんでいるのが気になって、つぶしてしまいたくなります。

本当はいけないことなのですが、つぶしてしまうと、そのやぶれた皮膚の中に爪の雑菌や空気中の汚れが入り込んでしまいます。そして破れた表皮の中に入り込んだ汚れが酸化してしまうと、黒くなります。

黒ニキビ

いわば、ニキビが錆びた状態で、これを黒ニキビと言います。この黒ニキビ、白ニキビの頃と違うのは肌の色になじまなくなってしまったことです。

ですので、鏡を見るたびに気になってしまい、清潔ではない手で何度もさわってしまうようになります。こうなるとどんどん悪化の一途をたどってしまうのですが、なかなかこの段階で皮膚科に行く人は少ないのではないでしょうか。

そして、その黒ニキビが悪化すると、今度は中でアクネ菌と白血球が闘った死骸が膿となってたまってきます。

黄色ニキビ

これが表面からみると化膿した色がすけて見えるので黄色に感じます。これは見たままの通りですが、黄色ニキビと呼ばれています。

これはつぶすと臭いにょろっとした液体が出てくるので、完全に肌の炎症になります。個人差が大きいと思うのですが、私は黒ニキビの段階はほとんど経ずに、白ニキビから一気に黄色ニキビとなり、膿がふくらむようになります。

 

これが気になるものの、つぶすとますます空気中の雑菌と白血球が闘って化膿部が大きくなってしまうので、ここで皮膚科に駆け込むことが多いです。

白い膿をもつ黄色ニキビが唇の周りにできると、口唇ヘルペスと似ているので間違えてしまう人が多いのですが、ヘルペスとニキビとでは塗る薬が違うので、慣れていない人は勝手に判断せずに皮膚科に行って診てもらうのがいいでしょう。

ちなみにヘルペスではじゅくじゅくとしたかゆみがあり、押すとピリリと痛みが出てきますが、ニキビはそのようなじゅくじゅく感もピリリとした痛みもありません。

ニキビは皮膚科のお薬で治すのが一番

皮膚科に行くと、アクロマイシンというポーラファルマから出ているお薬を出してもらえます。

チューブ状の塗り薬で、抗生物質です。黄色ニキビの中で炎症を起こしている悪い細菌類を抗生物質が殺してくれます。

抗生物質アレルギーのある人でも、経口薬ではないので安心です。食事後に塗って放置しておけばじんましんなどに悩まされずに済みます。

 

私はその薬を一日に2回あるいは3回ほど塗ると、たいてい次の日には劇的に変化を感じ、三日後には白ニキビに戻ってくれます。そして、一週間以内に跡形もなくきれいなお肌に戻ってくれます。

自力で治そうと思っても治る病気ではあるのですが、病院で処方された薬で適切な処置を施すことによって、短期間で治りますし、その分痕が残りにくくなりますので、おすすめです。

まとめ

ニキビはいろいろな脂分を摂り込んでできる皮膚の炎症です。

ニキビには段階があり、白いうちは初期ですが、悪化すると中に化膿した液体を含むため黄色くなってしまいます。

ニキビはきちんと皮膚科で診てもらって適切な塗り薬をもらうとよいでしょう。病院の先生の指示に従って治すと間違いないですし、短期間で治るためにニキビ痕が残りにくくなりますよ。

-美容
-

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.