女性ホルモン

女性ホルモンの異常を見つけるポイントは基礎体温表!

投稿日:

人間の体には女性ホルモンだけではなく、
様々なホルモンが分泌されています。

その数はおよそ40種類と言われており、
驚くことに未だに見つかっていないホルモンもあるのではないかとさえ
言われているのです。

女性ホルモンが正常なバランスで分泌されているのかどうかは
目で見ることは出来ません。
そのため女性ホルモンのバランスが崩れて病気になってしまった場合に
発見されることが多いです。

女性ホルモンの異常を見つけるポイントは、
どういったものなのでしょうか。

スポンサーリンク

女性ホルモンの異常とは?

女性ホルモンは正常に分泌されているのであれば
月経コントロールを行ながら卵胞ホルモンと黄体ホルモンが日々その量を変化しながら
脳からの指令を受け卵巣から分泌されます。

ここでしっかりと理解しておきたいのは、
女性ホルモンは一定量分泌されるものではなく、
日々その分泌量を変化させながら必要な量の分泌をしているのです。

女性ホルモンの異常が起こると、
全体的に分泌される女性ホルモンの量が減少したり、
卵胞ホルモンだけ、また黄体ホルモンだけ減少したりすることがあります。
また同様に女性ホルモンが過剰に分泌されることも考えられます。

女性ホルモンの異常とは、
女性ホルモンの量が正常な範囲を下回ったり上回ったりしてしまうことを指します。

女性ホルモンの異常は体重のようにその増減が目には見えません。
そのため女性ホルモンの異常は大きな異変がなければ発見されない場合が多いです。
しかし女性ホルモンの異常は肉体的疲労や精神的な不安定を招いてしまうこともあり、
しっかりと異常を見つけてあげることが大切だと言われています。

スポンサーリンク

女性ホルモンの異常に気が付くために

女性ホルモンの異常が起こると月経が停止したり、
子宮内膜症を引き起こしたり、さらには脱毛に悩まされたりします。
さらに女性ホルモンの異常によって感情的になったりすることもあります。

女性ホルモンの異常を見つけるためには、
基礎体温表の作成が1番好ましいと言われています。

基礎体温表は卵胞ホルモンと黄体ホルモンの特性を生かして作成されていますので、
基礎体温表に異常がある場合には女性ホルモンの異常がある場合が多いのです。

基礎体温表は妊娠を希望する方が作成するイメージがありますが、
女性であれば誰でも作成する価値のあるものです。

もちろん基礎体温表だけではすべての異常が分かるというわけではありません。
しかし基礎体温表では体に大きな異変をもたらすような女性ホルモンの異常になる前に
女性ホルモンの異常に気が付くことが出来る可能性があるのです。

女性ホルモンは目には見えませんので、
その働きをグラフ化し、目に見える形にすることはとても重要なのです。

ただの体温グラフであると思っている方もいるでしょう。
しかし例えば不妊治療を行う方などでは、その婦人科医師も基礎体温表をチェックします。

それほど基礎体温表は女性ホルモンの動きを表していると言えます。

スポンサーリンク

女性ホルモンを意識した生活

女性ホルモンの異常を見つけるポイントは、
基礎体温表を作成するということでした。

女性ホルモンは生活習慣に影響を受けやすいですし、
年齢とともに減少することが分かっています。

最近のアメリカの研究では、
女性ホルモンの低下が肥満を招くと発表しています。

女性ホルモンは美容や健康にとっても非常に重要な役割を果たすので、
健康を意識した生活として女性ホルモンの動きをチェックすることも大切です。

女性ホルモンを意識するというと難しいですが、
健康との関係が深い女性ホルモンですから、健康を意識した生活を送ることによって
女性ホルモンを意識した生活にもなります。

まとめ

女性ホルモンの働きは一つではありませんので、
女性ホルモンが乱れてしまった場合には、
様々な体の変化を感じることがあるのでしょう。

しかし女性ホルモンの乱れによる体の変化は、その他の原因も多く考えられるものです。
例えば頭痛や手足の重さを感じるからと言って女性ホルモンの異常を真っ先に考える方はいません。

そのため女性ホルモンの異常をいち早く見つけてあげることは大切なのです。

-女性ホルモン

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.